計画倒れ

パソコンを見つめながら、参ったな、という表情で受話器を取る男性
夢の意味

不意を突かれた!計画の見直しが必要かも。
「飛行機に乗り損ねた」とか、予定していたホテルに問い合わせたら、「ない」と言われたなど、

予定が実現できない

夢を見ることがあります。

チャレンジしようと思っていたことに水を差される

わけです。

「すべて予定どおり進んでいる」と期待していても、

人生はしばしば、私たちを驚かせる傾向にあります。

いつでも

想像力を使う準備ができていなければ、私たちは完全に不意を突かれてしまうでしょう。

サポート体制が万全ではなく、

守りがない状況にいる、

とも考えられますが、

何の疑問も持たずにいる考え

を見直す必要があるかもしれません。

 

無意識のうちに自分で「限界」を設定している

可能性もあります。どちらにしても、

「確かめる」必要がありそうです。

 

あなたが「計画すること」には、

過去からの深い経緯や大きな物語が、骨格のようにしっかりと埋め込まれています。

あなたは、

自身の手で開拓したフィールドで、

何か新しいことを「晴れて」始めていこうとしているのでしょう。

ただ、その前に

想像していたことを確かめるとか、自分や誰かの真意を確かめるとか、

企画の実現可能性を確かめるなど、

自分の目で、身体で、「確認」する

必要がありそうです。

 

どんなに厳密に確認しても、予想だにしなかったことが起きる

ことを考えれば、

「すべてのことを正しく、完璧におこなう」のは不可能に近いでしょう。

夢は、完璧を目指せといっているわけではなく、

より幸せでより豊かな現実を創造するためには、

十分に理解していることが大切である

と告げているのです。

 

また、

新しいこと、面白いことに挑戦しようとすればするほど「本来の自分」

に立ち返る必要性に迫られますから、「身分証明書」が絡む展開だとしたら、

「そもそも」について、ルーツや原点を見つめなおすことを促されている

可能性があるでしょう。

 

飛行機に乗り損ねる」 参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました