動物夢の意味

そうせずにはいられない気質への苛立ち

夢に登場する豚は、

あなたを動揺させる問題の本質

をわかりやすく見せてくれます。

 

嫌悪感を感じる豚は、たいてい

あなたの周りにいる

貪欲で 我がままな人物ですが、

自分自身がすっかり怠惰になって過ごしているとき、

このままではまずい、

(=愚鈍で役に立たない人になるから、放任していてはいけない)

という気持ちから見ることもあります。

 

「豚に食べられる」

夢を見た人がいます。

ストーリーは「拘束されて、順番に豚の餌にされていく」というもので、

「ホラーのような夢」だったそうです。

「私達は、自分を食べる豚を選ばなくてはならなかった。

そこで私は、できるだけ食べ方が優しそうな子豚を選んだ。

けれど、その子ブタは食べても食べてもお腹を空かせている。

私はもう、身体を半分以上食べられ、仕舞には顔だけになった。それでもまだ

『どうか食べないでほしい』、と哀願し続け、子豚の情に訴え、なんとか顔だけ解放された。」

 

夢主がこの夢を見たのは、お正月休みに入った直後で、

「休日期間があまりに快適なので、仕事に行くのを億劫に感じるかもしれない」

と心配していました。

例えば、

我がままが許される環境下にいたり、長い休日をだらだら過ごしていれば、

同じような夢を見るかもしれません。

 

豚は、たいていにおいて

「無能な者」とか「欲深い」イメージがついてまわります。

食べられる」夢でも記述しましたが、

「その衝動に飲み込まれそうになりそうで怖い」という気持ちが

この夢を見せていたのでしょう。

顔だけ残されたのは、自分の主体性だけは失いたくない、

という気持ちの強さからだったのかもしれません。

 

現実に

期待に応えなくてはならない、

板挟みになっているなどの問題を抱えているようなとき、

家族の絆や人間関係について連想させる

豚の夢を見るかもしれません。

あなたが、

状況を変えようと頑張りすぎているのだとしたら、

多少の難はあれど、

誰もが完璧ではないと認めること、そのうえで最善と思うことを決めましょう。

私達は、

何かを変えたいと思えば、いつでも自分の力で変えることができます。

心地よさを感じている状況まで「無理やり」変えてしまおうとせず、

これなら適切と信じられるような妥協案を選んではどうでしょう。

食べられる 参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました