看護婦

人物・キャラクター夢の意味

危機的な状況を生き抜く時、力になってくれる。
あなたが看護婦になっている夢は、

一つには、

あなたが現在、

多くの人のために尽くす仕事をしていること。

誰かの世話をする立場にあって、

眠りにつくまで、そのことについて考えている

可能性があります。

 

もう一つには、

周囲の人に対し、アドバイスをしてあげる必要がある

こと。

看護婦(あなた)が上手に手当できるのは、その仕方を知っているからです。

心の健康を妨げるものにどう対応したらよいか、

誰かの励みとなり、心の蘇生を助ける

ことを告げています。

 

自分が看護婦さんに手当してもらっているような夢は、

家族の誰か

ー 看護婦なら女性の、看護師なら男性の世話を受けている可能性があります。

もし、夢に登場した医師や看護婦に「怪しい」とか、

信頼できないと感じていたなら、これまで

「心身の健康に役立つ」と信じていた仕方を、考え直してみる必要があります。

 

えてして、人は「自分が信じるもの」こそ真実だと思っていたりします。

あなたが病気にかからないため、回復に向かうために本当に必要なことは

別のところにあるのに、

今の状態で満足してしまっている

可能性もあるでしょう。

 

否定的な夢は、上記肯定的解釈に加え、

あなたが慌ただしい生活を送っているか、

愛による献身が報われていない

こと。

肯定的な解釈とは逆に、あなたの行為が、人を動揺させたり、悩ませたりしている

可能性もあります。

一日のうちに一息つける時間をつくり、

自分がどこに向かっているのか、考える必要があります。

 

看護婦さんは、入院中の患者さんが回復に向かうよう、注意を払ってくれます。

夢の看護婦さんは、

あなたの心が善良でいられるよう、心が良い状態に向かうよう、

手を尽くす存在

であるといえ、

たとえ悪状況の中に置かれていたとしても、

最善を尽くし、善良な自分でいられるように、

にと告げている可能性もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました