準備できていなかったことに気づく

準備できていなかったことに気づく

先に伝えておきますが、失敗を予告する夢ではありません。

実生活では、何事も準備万端に挑む

人が見ることが多い夢です。

自分が関わるプロジェクト ーそれが、孫の送迎など、小さなものであったとしてもー

の成否に対する

強い責任が表れている

のです。

自分が頑張らないと!

という意識が、夢として映像化されていたのです。

あなたの、内面のプレッシャーを測るバロメーターともいえます。

普段のあなたは、

バリバリ仕事をこなし、

仕事ではなくとも、幾つものことを同時に進行させることができる

人であるかもしれません。

周囲からもそう思われていることがわかっているので、

手を抜けなくなっていたり、

これ以上は無理、

という、境界線がわからなくなっているのかもしれません。

準備できなくてどんどん物事が遅れていく、取り残されていくような夢は、

あまりに多くのことを抱えすぎて苦しくなっている

ことを告げています。

自分で自分にプレッシャーをかけている、妥協できなくなっているのです。

先を見通すことは、現実的な心構えとして素晴らしいことですが、

未経験の出来事にも対処しなくてはならないとか、事態が悪く進んでいった時のこと

を、考え過ぎてしまうのかもしれません。

そういう意味で、

責任のある部署に就いたり、昇進など注目を集める状況に置かれている緊張感

から、この夢を見ることもあります。

 

時には、

自分のことではない、子供や部下の準備不足を慌ててフォローする、

などの夢を見ることもあるかもしれません。

この場合もまた、

信念や義務感を拠り所にしていて、

そうしなければ・これらがないと

立ち行かなくなる

と思いこんでいるのでしょう。

でも、何もかも自分が背負い、

スーパーヒーローのようになって燃え尽きる必要はありません。

あなたが普段頑張る人であるだけに、

もっと肩の力を抜いても、他の人の気には止まらないでしょうし、咎められることもないでしょう。

自分だけが頑張る

以外のやり方もあるかもしれません。

また、案外

気を楽にしていたほうがスムーズにいくこともあるのだと

気づく

ことができると、少しずつそうした苦しみも軽減されてゆきます。

 

感情占い
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました