両替

夢の意味

アプローチを変える必要がある

評価基準に対する選択や体験をしている

可能性があります。

 

シーンによっては、

いつもと同じシナリオに対処しながら毎日を送っていた頃に従っていたルールが通用しなくなる、

と感じ取っている可能性もあります。

 

両替は

目的に役立つ手段です。

ゆえに、目的のわからない両替をしていたなら、

まだ状況を理解できずにいる可能性があります。

時に、

相手の都合に合わせなくてならない

苦痛を表していることもあります。

 

「ある男性から、お金を両替してくるように言われた。

夜道は恐ろしく、本当は行きたくなかったが、その人物に逆らうことはできない。

私は、恐さをこらえながら、必死な思いで両替機に向かった。」

という夢を見た人がいます。

このような夢が、

誰かから考えを変えるよう、プレッシャーをかけられていたり、

あなたの立場に立って物事を見られない人物の扱いに手を焼いていることを

表していることがあります。

「(両替を)強いられた」のは、

心地よくいられる領域から出て考えを変えさせようとしている誰かがいる

ということか、

「やらねばならないこと」を強く意識している

のでしょう。

「暗闇」を歩いていたのは、

明かにされていない何かがあり、大きな不安を感じているのでしょう。

 

目下の問題が対人関係で、

愛情や関心、責任に関わっているとしたら、

相手と同じ手段で戦う/攻めるのではなく、もっと巧みなアプローチを選択する必要がある

かもしれません。

「正解がない」時は、

相手にとって、必要な形で返す、

という認識に立ち、

理屈よりも、相手が伝えようとしていることに目を向けてみましょう。

そして、工夫して応える、

ーあなたの用意した、都合のよい認知の枠に誘導する、

つまり

相手に主導権を握らせつつも、うまくフィードバックを「返し」、最善へ誘うことです。

 

その人の世界を変えることはできないかもしれません。でも、

反応の仕方は変えることはできます。

ちょっとした負荷はかかりますが、それが満足感や利益に繋がるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました