薬が印象的な夢を見るのは、

自身でコントロールすることが難しい

状況にあり、

あなたの心身がSOSを発している

ということ。

 

生活態度を見直し、食事や運動によって改善するなどの

地道な手段を軽んじている

可能性もあります。

 

現実の薬に、

あなたの心や体の健康を守り、維持する

までの働きはないように、

その方法は、短時間で苦しみから解放してくれる可能性はあるが、

効果はあくまで一時的である

ということ。

 

自分の力では自分を癒すことはできない、

と思っていること。

自分の力=自己免疫力を過小評価しているために、

自分を活かしている側面をも台無しにしてしまっていること。

今の不自由から解放されるために

すべきことは他にあるのに、それを無視して不利な状況をつくっている=何かに依存している

可能性もあります。

思う存分自分自身が発揮できることを

心の奥底で望んでいながら、

「〇〇を我慢するくらいなら・・」

と、現実を直視できずにいるのではないでしょうか。

 

この夢を見たら、

どうしてその薬が必要だと思ったのか、

考えてみましょう。

例えば、

胃の薬なら食生活について考える必要があるなど、

夢で手にした薬が、問題点を告げていることがあります。

占い
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました