照明「灯り」参照

照明・灯りの「光」は、

光の働きの顕れで、

「光」そのものではありません。

実際のところ、私達は光そのものを感じることはできません。

そのせいかどうか、私達は

「光」をイメージするものに出会うと、特権を得たような感じがします。

「人智を超えた」ものに、導かれているのではないか、

とか、

外的な恩恵、特別に与えられる「はからい」のように思うかもしれません。

夢で見たり感じたりする光は、

あなたの内にあるもの。

命の躍動ともいえるでしょう。

現実でも、あなたの内にある光は、何かのきっかけを得て輝きだします。

あなたの命が、

真にもう一つの命を感じるとき、

魂に光が差し込んでいるのを実感します。

 

夢の解釈としては

光の方向に進んでいく、などの夢の

光は、

あなたのはっきりとした意志

のことです。

夢のシーンの中で

「光を求めなくてはならない」と思ったり、

誰かに

光のある場所を探すよう指示されているとしたら、

現状を打開するには、

あなたのはっきりした意志が必要

だということです。

 

フラッシュのような光は、

閃き・インスピレーション、

何か大切なことに気づくこと

を意味します。

印象に残るような出来事が、近々訪れるかもしれません。

 

スポットライトのようにな「光」は、

その光が当たっているものが、あなたにとって大切である

ということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました