灯り

灯り

夢で灯りを付けようとしているのは、現実の物事を明晰にしたいという気持ちの表われなのです。 (スイッチ参照)

自分がいる場所も、すべきこともあかりをつけるとはっきりとわかります。

物事がはっきりわかれば、現状を打破するためにどう行動をかえていくか、どうやって変化を起こさせるかについて考えていくことができます。

光に照らされているものがあれば、そこに意識を向けてみましょう。

いくらスイッチを触っても明るくならないのは、あなたが不安に苛まされていていること、あなたにトラウマを思い出させ、追体験させることが現状を改善するどころか、かえって苦しみや絶望感に拍車をかけることもあるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました