場所夢の意味

人生という航海には、安定感を与えてくれる港が必要です。

親・家族・師匠のいる場所。親元。

自分が繋がるネットワークの大元の場所。

生まれ故郷。

出航は独立・自立を、

新しい人生ストーリーが展開されることを告げています。

懐かしい場所への再訪。

寄港なら、

一つのミッションを終え、一休みする時

であることを告げています。

 

航海は、よく「人生」や「運命」に譬えられますが、

どんなに旺盛なエネルギーをもっていても、

ずっと操縦し続けることはできません。

また、常に順調なわけではないし、時には方向を見失い、挫折することもあります。

そんな旅路にあっては、

定期的に休憩をとり、エネルギー補給する必要

があります。

 

私達は、

次から次へと、人の要望に応えるために走り回らなくてはなりません。

休みたい

という、内からの声が、他の騒々しい要求にかき消されてしまうことがあります。

港が登場する夢を見たら、

そろそろ現在の奮闘に区切りをつけるとき

という合図です。

 

宿命の嵐が吹き荒れ、辛酸と忍耐を強いられる人生航路の途上においては、

時宣に合わせ避難も修復も必要です。

予期せぬ出来事が起きたら、無理やり進まないことが賢明、

と知らせていることもあるでしょう。

夢に描かれていた港の様子によっては、長期休養が必要です。

波打つ感情を鎮め、

ゆっくり休み、エネルギーを回復すれば、人生の次の章はもっと面白く、楽なものになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました