断捨離

夢の意味行為

今の自分だからこそできる選択がある
「大掃除」しながら断捨離することも多い

ので、「新しい時間へと入って行く」という

意味で重なっていたりもします。

断捨離が片付けや大掃除と違うのは、

「絶対必要と思えるもの」、「どうしても手放せないもの」、「本当に要るもの」

etc・・ひとつひとつ「ピックアップ」して「排除する」、

つまり、

「吟味」や「意味を考える」プロセスが発生する

ということです。

それは、

これから始まる旅の支度のようなもので、私達は、たいてい

旅先(次のステージ)に合うものを選別して、カバンに入れて出かけてゆきます。

また、

完全に新しい時間へと入って行くためには、何かをきちんと

「終わらせておきたい」という意識が働くものです。

「目の前の混沌」とは裏腹に、

心の片隅では「そろそろ、新しく、かなり長い物語がはじまりそうだ」という予感を得ていて、

その予感のもと、

サイズの合わなくなった考え方や、自分を縛っていた古い鎖、

忘れてもいい記憶、澱んだ依存関係やまつわりつくしがらみなど、

「もう必要のない」ものを排除していこう、

と考えているのでしょう。

 

しなければと思いつつ後回しにしてきたテーマ

ー 私生活において、ずっと抱えながらほったらかしてきた慢性的問題、

文句を言い続けながらも「仕方ないかな」と堪えてきたこと、

考えるだけで、実行に移さないでいたことについて

着手し始めたか、促されている可能性もあります。

 

切り離さねばならないものは

古い夢や自分を縛るコンプレックス、

歪んだ人間関係、

意味のない重荷や罪悪感、

もう機能しないもの

です。

不要なものは、実生活の中にもけっこうあるものですが、

「あるのが当たり前」のような顏をして

鎮座しているので、普段

意識を向けて考えることもなかったりします。

 

へそくりや「お宝」のような嬉しいものを発見する一方で、

よく考えたら誰も使っていないガラクタだった、と気づいたり、

溜め込んだ不満や怒りなど、様々なものが、居場所のいろんな所から顔を出す

かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました