不正行為

夢の意味行為

例えば、「父親が会社で横領を働く」など

分別のある立派な人が、ルールから外れることをしている

夢を見ることがあります。

夢主から見た実際の父親は善良な存在で、

その仕事ぶりに対しては、尊敬の気持ちも抱いていました。

善良な父親は、自分に安定した生活をもたらしてくれる存在、

自分の利益につながる側面

と考えることができます。

夢主は、夢の中で

それは悪いことだから、やめた方がいいよ、

と諭します。

この夢は肯定でしょうか、否定でしょうか。

自分の良心が

「それは正しくない」という答えを出せても、

今すぐ、それを止めさせようと

立ち向かっていくだけの強さまでもってはいない

と解釈することもできます。

つまり

善悪を判別する良心はあっても、

それに敵対できる強さをもてずにいる

なんとか変えていきたいと思っているのだけど、その

解決を見出すのは非常に難しい、

と考えている可能性があります。

 

私達は、誰でも

普段人に見せている仮面の裏に

奇妙な特性を隠しています。

「自分のイメージとは違う」ように思える何かをしたい気持ちに駆られている

可能性もあります。

横領 カンニング 参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました