選択を迫られる

夢の意味

夢の中で

どちらの子供を生かすか

の選択を迫られた人がいます。

「自分が犠牲になる」ことはできません。選ばなければ、

どっちの子供も殺すと言われるのです。

 

ことを大袈裟に描くのは夢の常套手段、いつもは目を反らし、無難にやり過ごしている人も

無関心ではいられなります。

この場合の「子供」は、あなたが「大切に育ててゆこうと思っている可能性」です。

未来に続くのはどっちなのか、人生の中では

「イエスかノーか」「白か黒か」の

選択ができないことを選択しなければならない

ときがあるものです。

危機的な状況に置かれた時は、それが意に反することだとしても、

○○になるよりはマシと考え、理想的でない判断をくだしてしまうことがあります。

 

この夢は、

自分のためにならない方向に引っぱろうとする人々からの

理不尽な誘導にしっかり対処できるか

問うている可能性があります。そして、

その選択が、あなたの納得できないものであるなら、

第三の道を探すよう、

言われている

とも考えられます。

あなたは、

世間的な「正義」と「こういう人間として生きたい」というイメージとの狭間で苦しんでいるのかもしれません。

例えば冒頭の夢を見た人は、舅姑のいる家庭に嫁ぎ、思い通りにはゆかない生活の中にいました。

あなたも、

他者との関わりの中に深く身を置きながら、

自分の「人生の理想」を、自分の手に取り戻そうと試みている

のではないでしょうか。

そのためには、時間も手間も、ハートの労力も必要です。

けれど、

矛盾し合うように見えるいくつもの条件の間で、

「これだ!」と思える答えを探すこと自体が、あなたを大きく育てる力になる

ことがあります。

 

自分の限界を知り、その範囲内で生きていくしかないのだ、

と仕方なく目をつぶってきたことがあるのなら、

自分に設定している一つの限界を超えてゆく必要があります。

 

あなたの中で

「この条件だけは譲れない」と信じていた条件があるのなら、

その必須条件についてを見直してみる必要があるかもしれません。

選ぶ 参照

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました