夢の意味身体・身体の機能

人生の顏

身体の中で一番目立つ部位、

他の人に、一番見られる部位であり、

自分も一番見る部位

です。

また、

顏には、今の自分の感情が表れます。

人間関係や人とのコミュニケーションで意識している

自己イメージ

でありつつ、

外側の人との接触面

でもあるわけです。

 

ゆえに、顏は

誰にとっても、心理的にぴんと張り詰めた領域

といえ、

もしも、夢の中で

顏に異常が起きたら、恥ずかしい思いをしたり、

どうやって異変を隠そうか戸惑ったりして、妙な緊張感が漂うことでしょう。

このようなシーンを見るのは、自分が

他人かどう見られているか、気にしていたり、

人に好かれたい、と思っているから?

なのでしょうか。

それもあるかもしれません。

でも、たいていは

心の奥底で

ありのままの自分を見てほしい、

見た目の欠点や奇抜さで判断してほしくない

という思っていることの表れ

なのです。

 

でも、例えば

あなたが普段から顏のシミや衰えを気にしていて、

夢の中でニキビや吹き出物ができて

ショックを受け、落ち込んでしまうような夢だとしたら、

あなたが

とても惨めな気持ちになっていること、

あなたを惨めな気持ちにさせるような何かが起きた、

ということでしょう。

 

顔が、その人の特徴を表すこともあります。

目がすごく大きいとか、鼻が大きいとか、

双子であっても、「完全に同じ」ではありません。

夢の中では、もっとおおげさに、わかりやすく描かれていることもあるでしょう。

 

夢の中で、

親や兄弟、友人が登場したけれど、見慣れたその人とは違うように見えた、

ということがあります。

「顔色をうかがう」という言葉がありますが、

私達は、

その表情を通じて、その人の真意を推し量ることがあります。

伺っているうちに、

これまで見えなかった顏が見えた

のかもしれません。

 

 

顏の美醜も参照。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました