巨大で

圧倒的な力。

並みはずれた強さ

の象徴です。

それは

本来のあなた

のことでもあります。

だから、

親切で知的で力(忍耐力や精神力)がある、

魅力的な象を夢に見ると、それがまるで自分であるように思え、

愛おしく感じたり、元気づけられたりします。

 

象が、

コントロールの難しさ、バランスを保持することの大切さを伝えていることもあります。

発情している象は、気性が荒くなってコントロールが効かなくなり、

とても危険

なのです。

 

夢の象が否定的な形で登場したら、

それは

本来の自己が、他の思考パターンによってひどく損なわれている、

ということ。

一番素晴らしい自分をみうしなってしまい、虚しさを感じています。

そうだとしたら、何かで埋め合わせようとするのではなくて、

例えば暫くは頭脳のほうを休め、

心・身体=自分の中の別の活力

を使うなど、「バランスをとろう」と考えることが大切です。

 

 

象のあたまをもつ

「ガネーシャ」は、インドでは神様

としてたたえられ、

安定した財運・幸運をもたらす使者・神聖な生きもの

と考えられています。

インドは仏教発祥の地でもあり、釈尊のような偉大な人のことを

巨象

ということもあります。

人間の善き精神の力を最大限に発揮する

のことです。

巨象の二本の前足は

慈愛

人を傷つけないこと

二本の後足は、

思慮深さ

明晰さ

を表し、

鼻は偽りのないことを示し、

においを嗅ぎ分ける鼻の力は「真理を考察する力」

であり、

首は正しい思慮を、

牙は平静さを、

頭は知恵を示している

と言われています。

あなたの中にも、このような

偉大な象

がいるということなのです。

占い動物
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました