夢占い れ

恋愛

恋愛している夢は、その年代によっても異なります。

例えば

・10代の頃見る恋愛の夢は、現実の恋愛経験が浅いことが前提です。

人を好きになった時の疑似体験や、性的な感覚を理解しようとをしている場合が殆どといえます。

 

・20代の人が見る恋愛の夢は、気になる異性の思いを知りたいという無意識の願望が何らかの形になって表われます。

どのような人を伴侶に選ぶと自分が幸せになれるか、身近な男性から特性を拾ってサンプリングを開始します。

男性も女性も、恋人を選ぶ際にはその人自身が持っている無意識的女性性・男性性のあり方に一番ぴったりの異性を選ぼうとするものです。

自分の影の投影を可能な限り抵抗なく受け容れてくれる異性を獲得しようとします。

 

そのため、時には夢の恋愛相手が実の父親であったり、決して選ばないような人であったりしてびっくりするかもしれません。

そのような時にも現実に起きるという知らせではないので、冷静に人物の「特性」についてを評価することが大切です。

 

・30代から40代の人が見る場合、

大切な人との関係を守りたいという気持ちが働く年代といえます。そのため、現実にはそのようなことはないのに、伴侶が浮気しているなどの夢を見たりします。

こうした夢は、むしろあなたが真摯に生きているが故であり、それくらいの情熱をもっていなければ大切なものを守れない立場に置かれているともいえます。

また、若い頃の相思相愛の恋愛とは違い、めいっぱい関わり合って育てた関係です。

そのような関係であるほど、お互いの足並みが少しずれた時は気持ちが動くものです。

試行錯誤しながらも愛を確かめ合っているという感覚があるかもしれません。

 

50代~60代の恋愛

夢は現実のライフ・サイクルと関わっています。

家族の世話をしたり、子供が誕生したり、ものの考えを創り出し、それに伴う勝利や失望、適応させてきたことなど、これまでの価値の精算が焦点になっています。

本当に幸せになるために必要なものはなにか、しがらみからも解放されるので、自分の心の声に素直になろうとするでしょう。

無意識はかつての報われなかった情熱を思い返すかもしれませんが、深い叡智があなたのものの見方のほうをかえ、現在の関係を健全に保つための提案をしてくれます。

今の相手と労り合うような愛情が芽生えるかもしれませんね。

伴侶がいる人は、これまでの無礼を詫びたくなったり感謝の気持ちが芽生えやすくなり、これまでを見直して理解し癒しの関係へと促されることもあります

コメント

タイトルとURLをコピーしました