夢占い ふ

景・景色    ふくろう(梟  復縁   侮辱  蓋(ふた) ぶつかる  布団      フライパン  ブランコ  ブレーキ   レゼント  風呂

15

風景・景色

夢で見る風景は、

そのままあなたの心象風景を表わしています。

夢で「美しい」と感じる場所にいたなら、

現実のあなたの心も穏やかで、よい環境の中にいるのです。

反対に、夢の中で暗くさみしい場所にいたなら、心の状態も同じようにすさんでいたり、厳しい状況にいる可能性があります。

この世界には空・大地、水辺や森林など様々な風景があります。

それぞれのおおまかな意味合いを知っておくと、夢のシーンを解釈をする際に役立ちます。

例えば夢で見た風景が

・海や川、湖など「水」のある風景であったなら、愛情や癒しを求める気持ちが高まっていることを示しています。

・山や谷、崖など起伏のある風景なら、あなたの基盤の状態、つまり仕事や経済的な状態、健康状態を表わすメッセージを送っています。

・洞窟・島など外界との行き来が難しい閉鎖的な場所は、自分の内面世界を表わしていて、あなたにリラックスすることを促してます。

・曲がりくねった道やまっすぐ続く道を進んでいるなど、「道」が印象的なら、それは目標に到達するための工程や計画の道のりを表わしています。

・森や林など、緑のある場所は、そうした場所で心身に恵みを得ることを、休息をとりリフレッシュすることを促しています。

・緑はおろか、動物も人も住まないような「不毛の場所」は、今のあなたのいる場所が苛酷で、精神状態がすさんでいることを表わしています。

一刻も早く、そこから脱出することを考えましょう。

・空を飛んでいたり、空を眺めたりしているのは、あなたの空想力が豊かになっていることを表わしています。

これらは更に水の透明度、山を登っていたのか下っていたのか等具体的なキーワードに絞ることで、より詳しい解釈をしていくことができます。

夢で目にした風景は、あなたに何を思い起こさせるでしょう。

それが消えてしまって初めて何かが足りないと気付くこともあるでしょう。

或いは、その風景の中には「エッセンス」のようなものがあった、と感じるかもしれません。

夢に見た景色が、単に岩だけが集まっているような場所であっても、

あなたにとってそこは「人の個性」について思いを馳せるような、あたたかみのある場所であるかもしれないし、懐かしさに涙を浮かべてしまったかもしれません。

夢の景色は、そんな風に即物的とは異なる回路を芽ばえさせることがあります。

そういう意味からも、

夢の風景に似た場所・思いついた場所があるなら、実際に訪れてみましょう。

あなたのインスピレーションを高めるようなものが見つかるかもしれません。

夢の「服」は、

この世界に適応するために必要なあなたの姿

着用していた服には、

現在の職業・立場・役割・肩書きが表れています。

或いは、他の人から見えている姿。

夢の中ではちっとも変に感じなかったけれど、

夢から覚めて、はじめて異常だったと感じることもあるでしょう。

例えば

・場違いな服装。

これは今の立場に対して準備不足の不安を感じているから。

或いは、現実世界で

その場所のしきたりや慣例に合せられず、いたたまれない思いをしている可能性があります。

 

・窮屈な服・小さいサイズの服

現実世界でも窮屈さを感じているということ。

何かに制約されていたり、足を引っ張られている可能性があります。

 

その他、

・着ていくはずの服が見つからず、半狂乱になって探しているのは、

周囲の要求や期待に応えられない、自分では力不足なのだ、

という不安な気持ちを表わしています。

・作業着を着ていたら、その作業が意味する仕事について考えてみましょう。

例えば、

掃除をするための服なら、

無駄な物事を整理したり、片付ける必要がある

と告げている か、

 作業の「ノルマ」がたまっている

ことを知らせています。

 

・夢で着ていた服に違和感を感じる場合、

はっきりと自覚していなかったあなたの本心と、その原因が示されています。

たいていは、

今の場所に自分が「フィット」していないと感じているか、一時的な緊張感です。

自分らしくいこうと心が定まり、理想の自分を明確化していくことで、不安は解消されます。

 

・汚れた服を着ていたら、周囲に悪い印象を与えている可能性があります。

振る舞いに注意したり、身なりを整える必要があるでしょう。

・服の綻びを繕っているような場合は、現実の失敗や対人関係を改善・修復する必要があります。

制服  スカート参

ふくろう(梟)

あなたの叡智

ふくろうは、並外れた洞察力と知恵を象徴する生き物です。

そのふくろうが 夢に登場したのは

あなたが、

日常的に起きる出来事に対して、表面的な関わり以上のことをしようとしているから。

自分の人生に、より大きな意味と充実感と喜びを与える道を深く求めているから。

現世的な日常を超越しようと思っているのではないでしょうか。

ただ、

ふくろうの登場の仕方によっては、マイナスの意味があるように感じられることもあるでしょう。

その場合は、一つの時期の終わりを示唆している可能性があります。

死の予兆という意味ではなくて、あなたが

別れや終焉を受け容れる努力をしている」ことを告げているのです。

あなたは十分理解したのです。

そしてあなたの、もっと根本的なところでの変化を促しています。

より愛を深め、すべての存在との繋がりを、もっとはっきりと感じ始めています。

以前は怒りや苛立ちを感じていた相手を、違う光の中で違った視点から見ることができるようになります。

そうして潔く切り抜け、あなたは新しい価値観のうえに幸せを築いていくでしょう。

あなたはもっと我慢強くなり、寛大になり、心の安らぎと静けさが増していくようになります。

復縁

別れた相手を忘れかけていた頃に、この夢を見ることがあります。

新たな出逢いに向かっているのに、

やっぱり別れないほうが良かったのだろうか

と思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。

あなたの傷がまだ完全には癒えていないこと、

意識の上ではすっかり忘れ去っていても、日常のある瞬間に「あの時」の辛さや傷ついた感情が蘇ってしまうのでしょう。

現在新たな人がいる場合は、同じ過ちを犯さないための忠告をしている可能性もあります。

あなたの潜在意識が、過去のデータを幾つも組み合わせ、この先を安全に生きられるように警告してくれているのです。

過去の「悪しきパターン」を繰り返さないように注意し、前を向いて進むことが大切です。

侮辱

周囲から羨まれていることを表わします。

あなたが

人から羨ましがられていて、嫉まれないだろうか、

という不安を抱えているのかもしれません。

今のあなたが人から注目を集めていることは確か。

近々称賛されるような出来事が起こることも示唆しています。

但し、大勢の人の前で侮辱されるような夢は、人間関係のトラブルを警告していることもあります。

親しい人であっても、秘密を打ち明けたり安易に噂話をしたりしないようにしましょう。

自慢話も暫くは我慢、人から恨みをかわれるようなことを避けましょう。

誰かに恨まれたり嫉まれたりすると、

その人は勝手に自分を正当化し、それを拡大してしまう恐れがあります。

「ネット」を通じてなら、尚更酷いことになるでしょう。

その人を選んだ人は、譬えそれが妄想だとしても乗っかってしまうのです。

人を攻撃する言葉は、人の潜在意識をくすぐるのです。

いつしか、その人の領土は拡大され、多くの人々を席捲していきます。

それが世界を覆い尽くせばそれが「正当」になっていくので注意が必要なのです。

蓋(ふた)

蓋は、

それを必要とするところに

ジャストフィットしてこそ

役目を果たします。

なので、

まず

その内容や、その目的がなんであるのか、しっかりと把握しておく

ことが大切です。

 

そうでないと、

力まかせに蓋を外そうとして、中身を台無しにしたり、

本来の美しいものを汚してしまったり、

食い荒らされてしまう可能性があるからです。

隠しておきたいのに、見つかってしまう可能性もあります。

 

夢の蓋の

蓋の形状やサイズが間違っていなかったか、

蓋としての機能を成していなかったり、使いづらくなかったか、

現状に照らして考えてみることが大切です。

不具合があったら、

これから

内容と、それに価値をつけるもの・効力を発揮させるものとが

見合うようにしていきましょう。

時に、

これまで

扱いが難しい

と感じたものが、何か相応しいものを見つけたことにより、

素敵に変わることもあるでしょう。

或いは、

問題を一掃してくれる、なんてこともあり得ます。

 

内容によっては、

蓋は要らない、

と告げていたりします。

目的のものをこまめに確認する必要があったり、

急いでそれを実行せねばならないとき、蓋はかえって邪魔になりますから。

ぶつかる

夢の中でぶつかった人

関係性が生じること。

日本には、

「袖すり合うも多生の縁」という言葉があります。

現実にすれ違っただけで縁を感じることはないかもしれませんが、

意識して見渡してみると、私達は面白いほどそうした繋がりの中で生きていることに気付きます。

とりわけあなたが生命変革の中にいるとき、周囲の存在全てが諸天善神の働きとなって、あなたを守っていることもあります。

そうではないとしても、

夢の中でもぶつかる人は、あなたに影響を与える存在である可能性が高いといえます。

すれ違うだけでは接点は生じませんが、何かとぶつかったら、気にしないわけにはいきません。

何かを自覚したり、あなたの中の何かを呼び覚ましたり、生命力を高めたり、智慧をもたらしたりすることもあるでしょう。

現実の、その人やそのものと同じような特質を持つ存在に注意を払ってみて。

布団・ベッド

一つには、

リラックスできる環境を手に入れたい

という欲求がこの夢を見させています。

現実の生活の中で、あなたが一番見捨ててきた時間なのかもしれません。

物質世界の中で、あなたの脳は休まることはありません。

物理的な入力から一時的に解放されるほうが、自身のエネルギーを建設的に利用することができます。

深い意識状態に誘う乗り物として、ベッドが登場していた可能性もあるでしょう。

現状、

誰かの力を借りたい、協力してほしい、援助を受けたい

と渇望していませんか。

今のあなたにとって、布団やベッドは安らぎであり、魅惑的な意識状態へと運んでくれる乗り物でもあるのでしょう。

まだその正当性は認められていないけれど、

眠っている時間は、普通なら得ることのできない情報を手に入れることができるから。

何らかの収穫を得ようと働きかけているけれど、獲得できないのは何かが欠けているせい。

「幸せへの近道は変化すること」の中でも伝えているように、普段の生活の中でささやかな変化を起こしてみて。

性生活について見直すよう、示唆している可能性もあります。

夢のストーリーから検討してみましょう。

船は水(=感情)の上を進みます。

航海が、しばしば「人生」や「運命」に譬えられるのは、

嵐や凪・水の流れや波の変化が、感情を伴う波瀾万丈な人生の流れに対応しているから。

長い航海をする船は、「家庭」や「人生」を表わします。

生活をやり直そうとする時は、船を乗り換える夢を見ることがあります。

<出航>

新しい運命に向かって進み出したこと。

「ある日突然、何かが奇蹟的に起きた」というよりは、

就職・結婚・子供の誕生・新天地での生活など

深いレベルで「決っていたこと」が起こるべくして起こるような、自然な流れの中に起きることが変化のきっかけになります。

夢は、あなたの心が

「新しい旅が始まる」準備を始めていることを告げています。

それは「雪」・白い情景、或いは静けさ、孤独を感じさせる空間。

この季節は一年で最も重要で、

他の季節にはない神聖さを感じさせます。

あなたはいつだって内面化の完成を目指し、これまでを肥やしにして進もうとしてきました。

あなたの「永遠の」連続性に対する深い予感がこの夢を見させているのでしょう。

冬は生の沈殿や総和であるばかりではなく、

次の出発点に備える準備期間でもあります。

今は心の葛藤が激しく、拠り所を失っているように感じています。

これまでを振り返り、検討しているうちに、絶望感に襲われたり、喪失感に打ち砕かれることがあるかもしれません。

感受性が高くなり、傷つきやすくなっているからです。

それでも、あなたが自分の理想の実現に向けて次のステップを踏み出すためには、

そうした痛みを引き受けなくてはなりません。

一段前のことを手放す必要もあるでしょう。

例えば独立した暮らしを享受するには、両親への依存を経たなければなりません。

よりよい条件の職を得るには、それまでの職を辞めなければなりません。

あながこれまでの課程を静かに忍耐強く見つめることができたなら、

そしてそれによって決断することができたなら、宇宙はあなたを支え、物事は順調に麗しく運ぶようになります。

成長の機会・環境・そしてこれから出逢う人のことを考え、心の命ずる方向に生きてゆきましょう。

フライパン

フライパンを使用するとき、

焼き加減を確認しなくてはなりません。

あなたが現実向き合っていることに対し、どの程度情熱を傾け取り組もうかと考えていることを表しています。

いっそのこと一気に片付けようと、考えているかもしれません。

夢は、

時間や手間、精神力に向き合っている現状

を表わしているのです。

どのくらい変化に時間が必要か、検討する必要がありそうです。

なかには忍耐がかなり要るものもあるでしょう。

ブランコ

一つには、

高揚感

を表します。

ブランコを漕いで

空を見上げていたり、天まで飛んでいくように思える夢は、

創造力・インスピレーションが高まっていることを表します。

もう一つは、

安定しない気持ち。

否定と肯定の間(若しくは過去と未来)を行ったり来たりして

迷っている

状態。

揺れているけれど、どこにも進んではいないこと。

その場合は、

考えるよりも、

イメージや直感を使うほうが、

問題の解決方法や突破口になる

でしょう。

 

ブランコの夢は、

インスピレーション・アイデア・創造性

を示唆することもあるから。←遊園地参照

 

直感は、毎日使うことで磨かれていきます。

毎日の生活の中で、ちょっとしたことも直感で感じてみるトレーニングをしていくと、

理屈では出てこない答えや方法が閃くことがあります。

優柔不断で

イエス・ノー

での判断がなかなかできない、という場合も、

自分がどう感じるのか、感覚的な印象で判断し、

その可能性の強さ・弱さをはかることはできます。

 

・安定した感じがする(条件がそろっている)

・繋がっていく気がする(将来性を感じる)

・イエスのサインを感じる(期待感・決意ができている)

ならOK、進んでよし、

 

・不安定で光を感じない(その物事の生命力の弱さ・縁のなさ)

・閉塞感・風通しの悪さ(障害がある・可能性を感じない)

・ノーというサインを感じる(決心がつかない・実力が伴わない・ダメになる原因が発生している)

ならNO、あるいは現状維持、今回は見送るなど

のように判断します。

 

個人差はあるかもしれません。それでも、

直感は自分自身とつながることでもあるので、

自分が望んでいることに向かう、手がかりにすることができるはずです。

ブレーキ

ブレーキが効かないのは、

今あなたが着手していることに、歯止めが利かなくなっている

ということです。

現実に着手していることが、失敗しやすい傾向にあります。

腹立たしいこと、悔しいこと・・、ひょっとしたら有頂天になっていたかもしれない、

今していることに駆り立てたものが何かあるのだと思いますが、

それを滞りなく進めていくためには、現在のやり方を調整する必要がある

と、夢は伝えています。

ブレーキが利かないと思うとき、私達はどうするでしょう。

とにかく焦って、全力でペダルを踏みます。

今の状況を好転させるには、そのくらいの、強い意志が求められるということです。

この夢を見た人の中に、ある人に大事なことを伝えようとして便せんに心情や事情を綴っていくのだけど、どうもうまくいかなくて、挫折しそうになっていた人がいました。

少し進んだかと思うと、自分の文字の汚さが気にくわず、

少し良いかと思うと新たな修正箇所に気付き、

仕上げたあとも翌日見直したら思ったことが伝え切れていないように思い、

結局100枚の紙を全て使ってもなお、書き終えることができなかったのです。

もしかしたら、あなたは普段の自分の許容量を超えていることに着手しているか、

別の事情で、頭が混乱したまま事を進めているのかもしれません。

あなたが間違ったことをしているというのではなく、

今の「方針」が本当の問題解決に結びついていかないため、

途中で頓挫してしまう可能性をはらんでいる

ということなのです。

この夢をみたら、手順や段取りといったことを考えてみましょう。

誰でも「最高のものをつくろう」として、意欲満々で事にあたります。

ただ、

相手を負かそうという動機ではやぶれかぶれになってしまうでしょう。

自分は「合理的」だと思い込んでいて、実はその場の空気に流されていたり、気分で決めたことであったりする可能性もあります。

どういう計画ならそれを完遂できるだろうと、いったん

頭の中でシュミレーションするくらいの心の余裕を持つことが大切です。

全体の設計図を作り、目標到達までの段取りを決めてから行動しましょう。

それは、

沢山の日常業務をこなしながらも、掲げたことを効率よくこなしていく秘訣でもあります。

目標に到達するにはどうしたらよいのか、

ブレーキ夢をみたら、

勢いに流されがちな場面においても、冷静さを失わずに現実的な判断を下すことが大切であるといえます。

プレゼント

喜びが意識のハンドルを握ると、物事はもっとスムーズに進むようになるよ、

と告げているのです。

夢のプレゼントは、

あなたの能力を発揮させやすくする

ためのイメージです。

それを受け取ることで、現在進行してるプロジェクトーそれは恋愛かもしれないし、仕事の取り組みかもしれませんーを、あなたが明るいイメージをもってやり遂げられるようにしてくれます。

勿論、今のあなたに「不満」があるわけではありません。

何ももらわなくても、順調に物事を進めていけることでしょう。

ただ、私達が何かに意識を集中するとき、

ものの感じ方は自分をコントロールするのにとても大切で、

態度・言葉・触れあい・・その時々の適切な「刺激」を素直に受け取ることで、

目的までの道のりを効率的に進めていくことができます。

あなたがプレゼントをあげる側であったなら、相手に要求や願望があるということです。

風呂

一日の終わりに、気持ちよくお風呂に入っている夢なら、

幸先のよいスタートを切ること

を告げています。

ゆっくりシャワーも浴びられない、という夢なら、

プライベートな時間を確保できず、雑用に追われがちな現状

を表わしています。

お風呂に苦手な人や生き物が侵入してきたり、厄介なことが起きるような夢は、時間や労力を自分のために使えていないことを表します。

それは、

自分のために時間を使わせて欲しい

という心の叫び。

あなたは、いろいろなプレッシャーの犠牲になっていませんか。

生活の優先順位を組み直しましょう。

そして、延々と続く忙しさの包囲網から脱出することが大切です。

身体の浄化ができる夢は、自身のケアを進めることができた証です。

現実で「身体」を洗うとさっぱりするように、夢の風呂で「心」が癒されると

気持ちがほぐれ、この上なく幸せな気分に浸ることができます。

 

心から取り去る必要のあるものは何だろう、と考えてみることも大切です。

それは、

子供時代の教育や日々の体験によって強化されてきた、否定的で有害な感情であるかもしれません。

そうしたものを取り除き、否定的なくせを手放すことで、あなたの真の資質、肯定的で愛に満ちた自分自身を再発見することができます。

汚れや泥を洗い流し、身体を清潔に保つことが大切なように、

心についた否定的な思いや感情を手放すことは、魂の健康にとっても、身体の健康にとっても大切なのです。

精神的なストレス(恐れ・怒り・感性的な不安・落ち込み等々)が病気や死の主要な原因の一つであることは、今では広く知られています。

私達の身体は心と密接に結びついていて、私達の感情はすぐに体の症状へと移し変えられます。

あなたの魂が健康であってこそ、その真の力を発揮することもできます。

夢のお風呂でリラックスできたなら、内なる平和・喜び・幸福を思い出させるようになるでしょう。

それにより、あなたは人生とはもっとずっと楽しいものであると思えるようになり、現実の

素晴らしい進展が期待できるようになります。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました