夢占い は 

パーティ  灰色  排便  吐く  爆弾      場所  走る  バス  パソコン       蜂(スズメバチなど攻撃的な蜂)  パチンコ     花火  話す   母親    歯磨き  ハンドル   繁華街  パン   犯罪者

22

パーティー

夢のパーティは、次のステージへと向かうあなたを祝って開かれる

「祝賀会」。

新しい習慣・新しい価値基準・新しい経験が生まれること

を表しています。

あなたの意志は外側に向かって開かれ、人との関係の中で益々力を発揮していくでしょう。

それによって、様々な魂の営みが姿を現わします。

あなたは夢のパーティを楽しんでいたでしょうか。

普段とは違う、華やかな衣装に身を包み、

フェイスメイクやヘアメイクを手がけてもらったかもしれません。

それを気に入っていたなら、現実でも周囲の人に支えられて大きな自信を得ることができるでしょう。

ビートにのり、軽やかに踊り進みながら、

あうべき人に再会し、友好を深めたり抱擁しあったりしていたなら、今より、もっと自由に関係を築いていくでしょう。

人生は、人との関係の中で変わっていきます。

あなたは慎重な人であるかもしれません。

そして、夢のパーティの中で「ビクビク・おどおど」していたかもしれません。

だとしたら、夢はあなたにもっと積極的になるようにと促しています。

今のあなたならパワフルにチャレンジができる、

だからもっと自分をアピールして人生を楽しむように、と告げているのです。

灰色

灰色は

全ての光を反射する「白」と、全ての光を飲み込む「黒」を混ぜてできる色です。

優美さを携えながらも、身も心も砕き、誰かのために黙って人を思わせる、

祈りのような色でもあります。

ただ、

普段からモノクロの夢を見る人、全体が「灰色」ががった夢を見る人の場合、

年代が影響していたりもします。

カラーテレビで育った世代と、モノクロだった時代を生きて世代とでは、後者のほうがモノクロの夢を見ることも多いのです。

「灰色」がやけに印象に残っているなら、

あなたが何を前提に生きるのか

夢は問うています。

受け継がれた偏見であったり、宗教的信念であるなど、

理性や善意などが決して到達できないようなものが、あなたの心の深奥にあるといえます。

その奥深いところかを、少し揺さぶってみる必要があります。

心の平衡の障害となっているものを克服していくことで、新たな秩序を創り出すことができます。

排便

夢に不快さを感じなかったなら、

浄化プロセスが滞りなく進んでいること

を示しています。

不快さがある時は、

あなたの中に抑圧された何か、

本当に解放させることの出来ないなにかがある、

ということです。

その何かを保持している状態では先に進めない、と夢はつたえているのです。

これまでの記憶・願望を通してみて、偏見や目論見などが前進を疎外していないか、

あなたの中で解放されたがっているものを探しだすことが大切です。

吐く

夢の中で気持ちが悪くなって吐きそうなのは、

無意識に、あなたの身体が拒否しているということ。

あなたがやろうとしていることが、からだに馴染まないのです。

吐いてしまうのは、

「その状況を」受け容れることができないか、

「今のあなたには」受け容れられないのです。

あなたには何かやろうとしていることがあり、そのために必要な、

幾つかの段階を踏んでいる最中であるのかもしれません。

だとしたら、

何が起きるかわからない状況の中、一生懸命それを理解しようとしているのかもしれません。

現実でも、食べ合わせ・飲み合わせが悪かったりすれば気持ちが悪くなります。

何かをそぎ落としたり、組み合わせをかえてみることが大切かもしれません。

今の枠組の中では処理しきれないよ、

そう思っていても、十数年くらい後にはじめて消化できるということもあったりします。

今感じている違和感とか異質感が身体に突き刺さっていて、

それが何なのかわからないながらも感じていることがあって、

後に意味づけされていくこともあったりします。

このような場合、

あなたの喉を通っていくもの(経験・体験)が、それを引き受ける準備をしているのですが、

受け容れるだけの身体を形成するまでに、やっぱり時間がかかってしまうのです。

爆弾

あなたの中で溜まったエネルギー。

もう、耐えられない!

という、あなたの心の叫びが詰まっています。

これまでために溜まっているため、

ひとたび起動するとその威力は凄まじく、周りを巻き込み自滅してしまうでしょう。

原因は

あなた、若しくは相手側が理性的な対話や反論に心を開いていないことにあるのでしょう。

「どうしようもない」現状なのだと、あなたはいうかもしれません。

この苦しみの意味を、まだ理解しようとしていないのです。

あなたが

どれほど頑張っても・・

もし○○が起これば・・・

どうせ~

といった投げやりな態度から脱却できない限り、「永遠に」不満の状態に身を置くことになるでしょう。

自分の欲求や願望を中心に人生を組み立てていると、いつも心のどこかに虚しさや満たされなさを抱え生きざるをえなくなります。

「人生・意味・対象」を中心に見据えてみてください。

八方ふさがりで絶望的な状況の中でさえ、「それにどのような態度で挑むか」はそれぞれの判断に委ねられています。

如何なる時も、実現されるべき意味がなくなることなどありはしないのです。

大切なのは、今どんな問題に直面しているかではなく、

今与えられた課題に対して「どれだけ最善を尽くしていくか」だけ。

もっとゆっくり進んでもよいのです。

怒りで自分の心を消耗させないで。

橋は二つの世界を繋ぎます。

夢は、

新たな道が開かれている

ことを表しています。

例えば「結婚・就職・引っ越し」など。

若しくは、

他の人がやっていないところに足を踏み入れるのが、あなたは大好きなのかもしれません。

うまく対処する準備ができるよりはやく、その時はやってくるかもしれませんが、

今は進みましょう。

思い切って橋を渡り(現実に示されている道を進み)、自分の中にある素晴らしい部分を表現してゆきましょう。

 

この惑星の生命の進化はとても早いので、新たな世界に進もうとするとき、古い信念を手放す必要に迫られるでしょう。

古いお手本を大事にする人にとっては、不愉快なことであるかもしれませんが、

勇気を出して手放し、変化するたびに

「ほら、もっと大きな宇宙を見せてあげるよ」と

宇宙はあなたに、新たなより壮大な景色を見せてくれるでしょう。

橋の途中で引き返してしまう夢は、既定された領域の中に留まろうとしていることを表します。

過去によって催眠術をかけられているあなたは、

よく慣れたものが安全なものだと考え、境界線を越えることがなかなかできません。

限りない自由へと成長していきたい!という気持ちを犠牲にしないでください。

何らかの方法で、これまでの自分にけじめをつける必要があります。

場所ー夢に表われる特定の場所 

夢の中で訪れた場所が気に入ることもあれば、

そこに行かなくてはならないけれど、その場所には行きたくないんだ、

と感じることがあります。

その場所はあなたの魂が抵抗する場所

なのです。

魂には、

光の方向に向かいたい・愛のある方向に向かいたい、

という願望があります。

あなたが行きたいと思う場所は、光の領域に繋がることのできる場所です。

行きたくないと思うのは、「暗い領域」で立ち往生したくはないから。

景・景色 参照

山奥・隠れ里は

往来が不便な場所、

孤立しているがために、「修行・思索」場としては適しています。

あなたがそこで心安らいでいたのなら、外界から離れ、プライベートな世界にこもる必要性があるのでしょう。

取り残されるような感じがしたり、そこに行くのは嫌だと感じていたなら、

今のあなたが閉じこもった生活をしていて、不安を感じている可能性があります。

走る

自分の身を投じていこうと立ち上がったエネルギー、気力の表われです。

早く走りたいのに身体が重く感じるのは、

焦る気持ちが事態を遅らせている

ことを表わします。

何か事を起こそうとしているときほど、外部との適応に労力を割く必要があるものです。

「意のままにはならない」と感じていたり、先を見通せず恐怖を感じているとき、

一生懸命走っているのに、スローモーションのようにしか進まない夢を見ます。

それは、

困難に打ち勝とうと、死にものぐるいの意志努力をしているあなたを描いているのです。

バス

会社やグループなど、

集団の運命を運ぶ乗り物です。

夢は

運命的な場が移動したり、行動範囲が広がっていくことを示しています。

バスは電車よりも自由度が高いため、社会に適応しようという気持ちは、まだそれほどないかもしれません。

同じバスに乗車している恋人・家族・友人・職場の同僚、いずれも同じ目的地を目指す運命共同体の仲間です。

あなたは、

今はまだ見ず知らずの人達とも関係を築き、これからいろいろなことを学びとってゆくでしょう。

より洗練されるために。

疑問をもったり寂しさを感じたり、競争心や嫉妬心に煽られ刺激しあい、葛藤し、変化してゆきます。

夢は、あなたが今、日常性や常識を新しい角度から眺めていることを告げています。乗り物

パソコン

拘束された人生が当たり前になっているようです。

自由でイキイキとした人生を生きているでしょうか。

目に見えるものよりも、より深い原則がこの宇宙を動かしていると、信じられていますか。

知識を得ることは大切でも、頭で思考するのみが何が最善かを決める唯一の、最終的な権威というわけでもありません。

あなたの人生は、心が知っていることをとることが大切であったりもするのです。

自分自身で生きることが大切です。

導き手はあなたの中に棲んでいて、昼も夜も、一日を通してあなたに囁いています。

人前で裸になる夢を見て「なんて恥ずかしい思いをしたのだろう。夢でよかった」と、ほっとするかもしれませんね。

無意識の世界での「裸」は「体」ではなくて、

心を裸にすること

を示唆します。

本音を晒すこと、隠している気持ちを暴露しなくてはならない状態に追い込まれている時

に見ることが多いのです。

体と同様、心を無防備にすることには抵抗が働きます。

比較的ポピュラーなのは、

気付いた時は既に裸になっていて、びっくりしたあなたは、自分の身をどこかに隠すのに必死になる、

けれど周囲の人は、そんなあなたに気付いていない、

というような夢です。

この夢が表しているのは、

たいていの場合、他の人は自分のことで頭がいっぱいであるということ、

そして、

あなた自身も今、自分のことで頭がいっぱいで、パニックに近い状態になっている、ということです。

例えば昇進して人前にでなくてはならないようなことが増えるなど、

「人目」を気にしてしまうようなシーンが日常に多くなっているとき、

こうした夢を見ることがあります。

あなたがもし、そのような状況にあるのだとしたら、

状況に「慣れていく」ことが一番の解決策です。

環境に馴染んでくれば、自然と相応しい服(相応しい立ち居振る舞い)を身に付けられるようになりますよ。

橋は二つの世界を繋ぎます。

夢は、

新たな道が開かれている

ことを表しています。

例えば「結婚・就職・引っ越し」など。

若しくは、

他の人がやっていないところに足を踏み入れるのが、あなたは大好きなのかもしれません。

うまく対処する準備ができるよりはやく、その時はやってくるかもしれませんが、

今は進みましょう。

思い切って橋を渡り(現実に示されている道を進み)、自分の中にある素晴らしい部分を表現してゆきましょう。

 

この惑星の生命の進化はとても早いので、新たな世界に進もうとするとき、古い信念を手放す必要に迫られるでしょう。

古いお手本を大事にする人にとっては、不愉快なことであるかもしれませんが、

勇気を出して手放し、変化するたびに

「ほら、もっと大きな宇宙を見せてあげるよ」と

宇宙はあなたに、新たなより壮大な景色を見せてくれるでしょう。

橋の途中で引き返してしまう夢は、既定された領域の中に留まろうとしていることを表します。

過去によって催眠術をかけられているあなたは、

よく慣れたものが安全なものだと考え、境界線を越えることがなかなかできません。

限りない自由へと成長していきたい!という気持ちを犠牲にしないでください。

何らかの方法で、これまでの自分にけじめをつける必要があります。

パチンコ

自分を楽しませ、欲求を満たすところ。

「勝負の場」という意味で、「仕事」の場を表わしていることもあります。

パチンコは買い物と違い、必ずしも注ぎ込むエネルギーの対価を得られるわけではありません。

そのため、現実の仕事で実力を試すことができないという不満を、あなたが抱えている可能性があります。

夢のパチンコで負け続けていたとしたら、現状を無意味なゲームのように感じているのかもしれません。

自身の空虚な内部空間を外側にあるもので満たそうとすると、つい派手な光や色や音楽に誘われがちになります。

魂をイキイキさせるために外側に依存しないことが大切です。

あなたが主役である

ということ。

「花開く」こと。

表舞台に立つこと

を告げています。

人の呼びかけにこたえるのではなく、人に呼び掛ける存在

誰かに与えられるのではなく、与えることのできる存在

あなたは人を近くに引き寄せ、更に自分を見ることを促します。

夢の花が草花でも木に咲く花でも、その意味は同じです。

それは慎ましやかな美の化身、

美しいその姿・色は、

時に汚れた肥料から育つこともあります。

あなたも、そのような現実の中を生きて今を迎えているのかもしれません。

これまでがどうあれ、

人の心を豊にする色や香りをもつ、優しいその花こそがあなたの実体であり、

あなたは、晴れの日も雨の日にも、見事に開くことができます。

花は寂しい人の最良の友となり、心を閉ざした人にも話かけます。

病気の人の頬に色をよみがえらせ、希望を与え、平和で安らげる場所を提供するのです。

あなたがいるからその空間が華やぐ

夢の花は、無言のままあなたの中に神聖さが宿っていることを伝えています。

花火

花火にも幾つかの種類・シーンがあります。

それを考慮し、幾つかの解釈をしてみたいと思います。

ピンク色の文字は、すべて花火の意味です。

夢の中で見ていた花火、それは

あなたの魂の輝き。

或いは、

あなたの胸の中で輝き続けているものを、積極的に活用することができたことの証

宇宙は無限の資源と可能性を湛えていますが、小宇宙である私達も同じ。

私達は、あふれるほどの豊かさを具現化することができます。

あなたもその一人です。

それは

宇宙との契約を果たしていくこと

それができたとき、人は地上に生きるこの上ない喜びを享受し、最上級の美と幸福・豊かさを、何の障害もなく引寄せることができます。

ただ、

自分と他人を比較し、他人に追いつくことだけを目指していては、

自身が納得できるような、最も感動する花火を打ち上げることはできません。

自分という存在そのものを磨きあげることで、光輝く個性を身に付けられるようになります。

結果的に、劣等感に支配されることなく生きられるようになります。

花火にも火薬が使われます。

それは

制御できないほどのエネルギー、握りしめていた手から解き放たずにはいられないほどのエネルギー。

でも、爆弾と違って花火には癒しと喜び、祝福が入っています。

それらは愛なしには存在しえない感情であり、独自の色をつけ加え楽しむことだってできます。

だから、

花火は恋愛成就の喜びを表わすこともあります。

詩を書いたり絵を描いたりしても、同じ幸福感を得ることができます。

そのどれもが、あなたにとっては魅力的な体験です。

それは

これから素敵なことが始まる、という鼓動の高まり

あなたの精神がうみ出すもの、インスピレーションや独創性に感動する心

それらはみな、完全燃焼して生きるときに必要なもの、あなたの創造性が解放されるための燃料となるものです。

そうした素晴らしい出来事の中で、あなたは自身の善性や神聖さを見つけていくでしょう。

これまで必死で探し求めていたものは、

本当は全て自分の中にあると知った喜び。

また、花火は

どこから打ち上げられても人を共鳴させ、歓喜させ、沢山の人に影響を与えることができます。

人の意識レベルを向上させ、

危険があってもなお、真実を追及していく姿勢へとつながっていくもの。

そうしてあなたの能力が目覚め

高次の自己を垣間見る

とき、再び夢の中で花火が打ち上げられます。

話す

例えば「発表」とか「演説」のような場に立っていたなら、それは

自分の考えを主張したい!

という気持ちの表れです。

もしかしたら、普段あなたは自分を抑えていて、

本当はもっと自分を理解してもらいたい

と思っているのではないでしょうか。

「会話」の夢なら、その人とのコミュニケーションを求めているということです。

いずれの場合も、世間の物差しや他人の意見にただ「同意する」のではなく、

「自分はこう考えている」と自己主張していくようにと、夢は伝えているのでしょう。

 

あなたは「正しい」か「正しくない」かを考えて、なかなか発言できないかもしれません。

でも、何が正解で何が間違っているかなど、誰にもわからないことです。

なおかつ、世の中には

ありとあらゆる考え方や意見があります。

気をつけておいてほしいのは、

夢の中で話す内容は、あなたが言ったにせよ、相手が言ったにせよ、あなたの「願望」をそのまま代弁しているということです。

あなたは、相手がそう答えることを予想して考え話しています。

相手の「はい」や「いいえ」は、実はあなたの考えに基づいた自己問答であり、

その言葉が

「いかにも相手が言いそうだ」と思っても、本当にそう思っているとは限りません。

もう一つ、

夢の中の受け答えの際に知っておいてもらいたいのは、夢の中で発言に迷ったら

本心ではないことを言わないようにということです。

夢の中で了解したら、運命はその方向に進んでゆきます。

夢の行為・決断は運命を動かす力を持っています。

だから相手の質問にいい加減な返答をしないこと、自分の意志が伴わない発言をしないことが大切です。

私達は分別をもつようになると、

「たとえそう思っていても、その発言はしないほうがいいだろう」と本心を打ち明けず、適当な受け答えをしてすませてしまうことがあります。

それによって事なきをえることもあれば、後悔することもあります。

だから、

夢が本当になるかどうかというよりも、「他人任せ」ではない、自分の考えをしっかり持つことが大切なのです。

それは、結果的に

あなたという人が、ある一つの哲学を持って生きる人であると認識されることにも、

自分の言動に「ブレない」自分をつくり、自分の意思に拠って生きられるようになることにも

なるのです。

母親

「家庭・愛情」のシンボル的存在です。

母親が亡くなる夢を見るときは、家庭に対する反抗心の表われやトラウマが浮上した時・現実に結婚を控えている時などです。

時に、癒しを求めて夢にみることもあるでしょう。 親参照

歯磨き

言葉を磨くこと

に精を出し、

より洗練されていこう

と思っています。

何かにつけ、不満や批判が噴出する現実があるのかもしれません。

そのため、

人のうわさ話や陰口にうっかりのらないようにしよう、

ネガティブな言葉を避け、ポジティブな言葉を選ぼうと心がけているのでしょう。

夢の歯磨きは、身だしなみの意味もあります。

客観的に自分を見ていて、

他の人に対する言葉や態度のマナーを磨く必要があると考えたり、

世間の評判を気にかけ、

周囲になるべく良い印象をあたえるよう、配慮していると考えられます。

夢の中で綺麗に歯を磨けたら、現実でも評判があがったり、そのための価値ある取り組みができます。

夢は、あなたが

自分は社会の中に生きている、

という大人の自覚をもっていて、自分を律っしていることも表しています。

それが、あなたの人格をさらに強くしてゆきます。

ルールやしきたりを習得し、社会をスムーズに泳ぎきれる技術を習得していくでしょう。

ハンドル
夢のハンドルは、

あなたが自分の人生を操縦するために使うものです。

ハンドルが取れたり動かなくなった時には、

自分の行動を見直す必要があります。

安全に進むには、前進する方向に注意を向けておく必要があります。

また、ハンドルに支障があるときには一度止って点検しなくてはなりません。

点検の鍵は、自分は「何をしたいか」(=意志)ということです。

精神のもつ創造力は無限ですが、何かを実行しようという「意志」はその精神に方向性を与えます。

精神が目的にずっと焦点を合わせておけるようにするには、あなたの意志が大切なのです。

繁華街 (賑やかな街なみ)

その街並みは、あなたの心が創り上げた世界、

或いは今の人間関係・環境を表わしています。

(反対に閑散とした街の中にいる場合、孤独で寂しい心境を抱えていることを示します)

これから何かが新しく始まっていく予感が働いているのかもしれませんね。

いずれにしても、夢は「善き社会への関与」の訪れを示し、未来への新しい希望が輝き始めていることを表わしています。

パン

パンを焼き上げる作業工程であるなら、

これまでの人生で学んできたことが、実を結びつつある、

ということ。

こねている段階は、まだプロジェクトの初期段階、

食べている夢なら、

ようやく努力が実を結んだ、と感じています。

また、パンは「主食」であり、生命を維持するための最も「基本的な力」、つまり「基礎」の意味合いをもっています。

あなたが健康になり、体力がつき、運動パフォーマンスを向上させるための基本、

この基本をしっかり身につけることが、やりがいのある充実した結果を得るために必要である、と示唆している可能性もあります。

炭水化物を控えるよう忠告している可能性もあり、夢の印象から判断が必要です。

犯罪者

一時的な感情の激高により、理性に反した行動に走りがちになっている、

という警告です。

無謀な手段をとってでも、自分の欲求を満たしたいと思っているか、

日頃欲求を抑えすぎているために

社会のルールを無視したい

と思っている可能性があります。

夢の犯人の被害に遭うのは、アクシデントを告げる警告夢です。

抗えない出来事に見舞われ、自分では決してしないような選択を、やむを得ずすることになるかもしれません。

どちらにしても、

焦燥に駆られて短気を起こし、自らを破滅に導いてはなりません。

ひとたび生命が闇に閉ざされたなら、不幸の因を積むようになります。

努力しても、その苦しさから脱出することが出来ないときには、

それを堂々と堪え忍ぶことや、

時が過ぎるのを悠然とまつ

ことが大切です。

その場限りの生き方では、周囲に紛動されやすくなります。

そのうえ、自身の特性を十二分に生かすこともできません。

自分の力を最高に輝かせるためには、「主体性」を確立することが大切です。

力が弱い人も、悪縁に染まった人であっても、強い信念を持ち、生命が浄化されていくなら、

幸福の人生を歩めるようになっていきます。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました