夢占い な

占い50音

ナイフ  直す   泣く  なくす    懐かしい  なべ    悩む    ナンパ

10

ナイフ

夢の中でナイフで切りつけられたり、襲われたりすることがあります。

ナイフによって怪我を負う夢は、

あなたの心に突き刺さった辛辣な言葉や、辛い経験

を表わしています。

怪我の程度に、あなたが心に受けた傷の重傷度が表われています。

実際にそれが意図して行われたことではなくとも、あなたの中で、

それはナイフで傷つけられたほど痛みを伴う経験だった

ということです。

その時の「行為・出来事・状況」は、他の人に説明できるかもしれません。

ただ、

そのことがどんな風に自分に作用していたのか、ということを人にわかってもらうことは難しいのです。

それだけに、その痛みをどう処理してよいかわからないでいたりもするでしょう。

肝心なのは、

その「痛み」があなたにとって「耐える価値のある痛み」かどうかです。

価値のない痛みに、耐え続ける必要はないのです。

男性が振り回すナイフで女性が追いかけられる夢は、しつこい相手に不安が募っているから。

男性同士がナイフで喧嘩する夢は、対立する心・計画の衝突が表われています。

時に、夢で刺された箇所が鬱血していたり、現実に痛みを感じていた箇所であったりします。

直す・修理する

問題を修復しようとしていること

夢の中でちゃんと修理できたなら、現実の運命や関係も修復できます。

問題への取り組み方は様々です。

あなたが考えているよりも、ずっと簡単なことで修復・改善できたのに、

その時にはそう思えなくて必要以上に深刻にとらえ、かえって問題を増やしたりややこしくしてしまったりすることもあります。

勝手に勘違いしていただけだったり、人の手を借りたらすぐに終わることもあります。

だから

一呼吸置き、角度を変えてみたりして、

「思い込み」に気付くことも大切です。

えてして問題を大きくしてしまう原因は、解決だけを焦り先走ったり、人に話したところで理解を得られないという気持ちから、一人でのめり込んでいくことかもしれません。

時には、表から裏まで知り尽くしている、と思っている状況をあえて見直すことで、素晴らしい発見をすることもあります。

泣く

まず最初に、

悲しい出来事が起きる、という意味ではありません。

夢の中で泣くのは、一つには

あなたの中に蓄積されていたストレスを解消するため

です。

現実世界では、物心がつくとむやみに人前で泣いたりはしなくなります。

あなたがそれを許さないから。

あなたの心は、

そうした硬直状態から解放されたい、自然な感情を味わいたがっているのに、

現実にはできないので、夢で泣いて、純真な自分を取り戻そうとしたのでしょう。

魂にとっては、「分別」を獲得することよりも、純真であることのほうが大切なのです。

あなたは、

外への適応能力が良すぎるのかもしれません。

そのような人は、

ときに、自分の「心」を忘れてしまうこともあります。

悲しみ・歓喜・悔しさ・感動・・泣く理由はいろいろあると思いますが、

その感情をしっかり味わい、泣いて発散させることができたら、

それが洗浄作用・負荷軽減・解毒となって、

その原因となった、現実の問題の解消ができたり、新しい展開に導かれるようになるでしょう。

こうしたステップが、あなたを成熟させてもゆくでしょう。

泣いていたのがあなたではなく、

対面する誰かであったなら、あなたが

その人に対してストレスを感じている

ということ。

若しくは、

頼ってほしいと思っているのです。

なくす

夢でなくしたもの、それは現実には

あなたらしさを示すもの

です。

自分がいい加減なやり方をしていたからなくしてしまったに違いない、

あなたは、そう自己反省にくれるかもしれません。

ですが、夢はあなたに自己反省を促しているのではありません。

むしろ、

あなたが真面目に生きていることを、

そのような人達に必然的に訪れる「迷い」に嵌まらないよう告げていることがあります。

あなたの決断を妨げているものに目をむけ、この先の道を明るく照らすものを求めましょう。

季節は、

生命力が高まっていく春から、

一番旺盛な時期へと移行します。

季節の中でも、「夏」は、

生命力が一番高い時期。

まさに

暑苦しいほどの

力強さとか、

強いエネルギーに囲まれていること。

活動意欲にあふれ、

これからの人生に滋養となるものを取り入れる時期。

更なる高みへと、英気を養っている時。

結果に囚われる時期ではない、自分の全生命をかけた取り組み、

やれるだけのことをやろうとしている時。

若しくは、

諦めていたことに対して、再チャレンジの意欲が湧いている

こともあります。

何かと戦うような強い決意、

よし、やろう!

と奮い立つような気持ちが生まれています。

激しさは忙しさに、忙しさが激しさに相応するでしょう。

激しさゆえに、オーバーヒートしないよう、注意が必要です。

たのしい気分に

すっかり夢中になってしまい、睡眠や休息が疎かになってしまうこともあります。

健康は第一の富

であり、あなたの財産は、健康にも左右し、一切の社会活動を向上させる源泉です。

懐かしい

過去に戻りたい、

という気持ちの表れです。

過去に親しみを感じているのは、「今」の自分に親しみを感じられないから。

夢の懐かしいもの・懐かしい場所は、あなたにとってかけがえのないもの・かけがえのない場所。

時空に縛られない魂はどこに向かうこともできます。

既にこの世にいない人とも遭うことができます。

当然、未来を見ることもできます。

あなたの中には、今の自分よりずっと賢いあなたがいて

これまでに獲得し育ててきた知識を使って、過去をしっかり見据え、これから起きることを受け入れようとしている可能性もあるでしょう。

鍋(なべ)

自分や人の利益になるよう、思考や想像力を働かせて問題を煮詰めています

極端な状況を想像したり、本質を明瞭化して、

頭の中で議論をぶつけあっているのです。

通常の状況でははっきりしない物事を明瞭化するには、あえて特定の要素を強調したり、他の要素を取り除いてみることが大切です。

誰しもが「我が身に照らして」物事を考えがちで、

「おそらくそんな人はいない・そんなことは起こらない」という誤解や偏見をもっていたりします。

想像力を働かせ、欲望をあぶりだして正義の方向にかえ、哲学で思慮する試みが大切な段階であるといえます。

感情の浄化

を表します。

「泣く」のキーワードでも記述していますが、涙を流して泣くのは、

心の安定や健康を維持していくための、

意味のある行為です。

悲しくても嬉しくても「泣く」ことによって「涙」が出ます。

人の泣く姿に「ひ弱さ」を感じるかもしれませんが、

同時に

涙は

未来への生きるエネルギーへと変わる力

を秘めています。

それがゆえに、

涙が枯れるほど泣いて、悲しみに打ち沈んだ後には、意外と冷静な自分がいたりします。

穏やかですっきりとした自分がいて、生命の底から生きる強さが湧き出てくることもあります。

涙は、人間を強い存在へと変える潜在的な力を持っていて、

人だけに許された

弱さと向き合う術

であるともいえるでしょう。

悲しいときも、その深い悲しみの中に自分をおき、心ゆくまで悲しみを受け入れることが大切です。

困る・悩む

現実、何かに困ったり悩んだりしているか、

困ったり悩んだりする自分を許せずにいるか、どちらかです。

その問題に対処できるほど、自分は柔軟になれないと思うのかもしれません。

あなたの厳格さがそう思わせるのかもしれませんが、

今突きつけらる問題に時間をかけて取り組んだり、

主体的にその活問題問題の輪に参加することができるようになると、確実に成果をもたらすことができます。

それは、あなた自身を助ける貴重な「資源」である可能性が高いからです。

そう捉えることができるようになると、あなたの価値観は一歩高いレベルに達し、

精神的にも物質的にも豊かな、心地よい環境がもたらされるようになります。

 

頭の回転が速いあなたは、いろいろな論理を用いて課題を克服することができます。

そんなあなたが困ったり悩んだりするのは、

もっと建設的に、前向きに関わる必要があると感じているからなのでしょう。

優越感や競争心が邪魔しているのかもしれません。

他の人の知識や考えを喜んで参考にし、あなたの鋭い直感や思考と「融合させる」必要があるのかもしれません。

ナンパ

一つには、

自分の魅力を確認してみたい気持ち

の表れです。

 

もう一つには、

チャレンジ意欲が向上していることの表れです。

現実のナンパは、恋愛や遊びの相手を手に入れようと働きかけますが、

夢のナンパは、

手に入れたい!という欲求そのもののこと。

何か関心をむけている事や、好奇心に駆られているものがあるなら、

意欲が湧いている今、

思い切って目的のために取り組みましょう。

 

ナンパ=街角や公道で誘いかける行為には軽薄な印象がありますが、

ビジネスにおいて、

初対面の人に対しても、自ら進んでアクションを起こしていく

という行為は、ポジティブな印象を与えます。

それどころか、

挨拶や名刺交換などを進んでする人のほうが、

相手との関係性において

主導権

を握りやすくなります。

(あなたが引っ込み思案であったとしても、

自分から先に動くことで、気持ちは楽になるものです。)

 

冒頭の解釈

自分の魅力を確認したい

気持ちがこの夢を見せているのだとしても、魅力に気づいてもらうには、

まず

魅力=自分の情報

を相手に開示する必要があります。

こうしたことを考えてゆくと、

夢の本意は、

ぐずぐずしているとせっかくのチャンスを不意にしてしまうぞ!

ということであるのかもしれません。

いずれにしても

自分から進んでアクションを起こし、あなたが手に入れたいものに繋がる

関係の構築をスムーズに進める、

このことが大切であるでしょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました