夢占い せ

生徒  制服  セックス  先生   石鹸・洗剤  責められる   洗濯・洗濯機

7

生徒

精神が若く、未来に建設的な姿勢である

ということ。

自分は未熟だと、謙虚な気持ちを持っていること。

自分に対して厳しい心、心にはりがあり、

「人生」の学びを深めたい、という思いが増しています。

 

夢の中で先生が登場して霊的成長へと導いてくれることがあります。

現実にも、

師や道を見つけ、新しい知識の吸収に熱心になっている可能性があるでしょう。

自分本来の性質と特性に気づいていくことができれば、

効率よく自分にあった価値・目標・理想を選び、魂を成長させていくことができます。

 

人生の学びに締め切りはありません。

何級とるとか、何段をとる、資格をとるといった目標設定は確かに励みになるかもしれませんが、人生の実りには必ずしも不可欠なものではなくて、

進むスピードや成果よりも、

その作業の中で、いかに大きな喜びを味わえるかということが大切です。

 

否定的な印象がある場合、昼間に発生した事の原因は自分の問題点にあるのではないか、

と感じている可能性があります。

この場合、夢のシーンの中で教師や上司に

自分の未熟さや問題点を指摘されていることもあるでしょう。

現実に対処していることについて、

自分の力を出すためにじっくり時間をかけて取り組むよう、促されていることもあります。

それだけ、あなたにとって大切なことなのです。

 

ときに、人生をより実りあるものにするために、

自分の中に埋め込まれた歴史の記憶を再検証しよう、としている可能性もあります。

これまでとは違った方向の心の構えが求められているのかもしれません。

その心構えさえできれば、現実でも実りある学習体験ができます。

制服

あなたに課せられた責任や役割

を示しています。

或いは、

人から見られたいと思っている自分

を表わします。

あなたの精神によっても夢の意味が異なってきます。

ある人は、制服を着ることによって生命感情が高められます。

ある人は自分を律したり、新たに認識を増やそうと努力するようになるでしょう。

ある人にとっては人生を変える鍵を発見する可能性もあるのです。

もしも弱い精神の持ち主が立派な制服を手にしたなら、社会集団に依存する可能性もあります。

制服を利用するとしても、自力で泳ぐことをやめないことが大切です。

強い、影響力の強い人達と同じ世界に住んでいても、

仕事上の・職場の・環境の人間関係や環境の変化に振り回されれば、生命力が弱っていきます。

根幹は、どこまでも自分の生を強くすることにあり、

どんな荒波の中も、波のりするように悠々と楽しみ、自ら環境を支配すべく変革していくことが大切です。

セックス

セックスの相手が実際の恋人の場合もあれば、全く性的な魅力を感じてない人が相手である場合もあります。

相手に無意識に惹かれていることもあるでしょう。

夢の中で、心と体のバランスをとっている可能性もあります。

例えば、外では効果的で力強い役割を演じながら、内面では女々しい弱さ(気分やムラ気、心配性など)が募っていくといったことがあります。

セックスという融合の手段によって、こうした男性が無意識との目に見えない関係組織である女性性を意識化しようとしている、或いはその逆の場合があります。

いずれの場合も、あなたが前進するためのものであることに違いありません。

あなたには人生に対する強い愛情があって、その愛の対象の範疇に他の人を取り込むことを学んでいるのです。

他人を考慮に入れ、歩み寄ることで経験を共有する必要性も感じています。

また、

強いエネルギーを必要とするその行為自体の尊さにも、五感の心地良さ、身体を持つ喜びを純粋に受け入れています。

セックスの夢の意味合いはあなたが思う以上に高度で、あなたの特性と混合させ、新たなものを創り出したいという欲求を持っている可能性があります。

好みの外見であるか否かではなく、性質や才能に目を向け、今の自分に何が必要だと感じているかを考察してみましょう。

時に、あなたが夢に不愉快な感情を抱いてしまうこともあるでしょう。

その場合、今の自分が自分らしからぬことをしているというサインであったりします。

◆SEXしているのを人に見られている

夢が表わしていたこと、それは

自分のプライベートが公になることを恐れる気持ち。

あなたが 羞恥心を覚えるような、

隠しておきたい面を人にのぞき見られるなどして、不愉快に感じた時の気持ち

を表わしているのです。

人は、

立派でない自分、情けない自分をなかなか曝け出すことはできません。

「素の自分を曝け出そう!」などと言われ、確かにそれは大事なことだと思っても、

勇気が要るものです。

あなたが普段大人しくて真面目な人であれば、尚のこと実行に移すことは容易くありません。

この夢を見たなら、まずは弱く無防備な、長所も短所もある自分を認め、受け容れながら徐々に自信を養っていくこと、

そのためには否定したりごまかしたりせず、

偽りない自分の姿を、脳の中の鏡に映しだしてみることが大切です。

自分のことをよくわかってくれていて、味方になってくれる友達がいたら、その人にも力を借りてみましょう。

夢の中で自分達の行為を、見知った人・見知らぬ人達がじろじろ眺めていて、不快な気持ちになったかもしれませんが、

その人達がそこで善悪の判断をしているかというとそうでもなくて、

ただの興味本位であったり、単にそこにいなくてはならない事情があるだけであったりします。

あなたとあなたの相手がたじろがず、平然とした態度でいることが肝心で、現実でもそれと同じことがいえるのです。

先生

夢の先生は、

あなたに助言を与えてくれる人です。

その先生に対する好感度が高く、素直な心で受け容れることができたか、批判的であったかによって意味が異なります。

前者の場合は「理解」し、「消化」することができ、

無意識によって生み出された内容を、意識に同化していくことができます。

後者の場合は葛藤が生じます。

あなたの性格云々というよりも、社会的な意識の力が強く働いてしまうこともあって、

これまで指導的だった「意志」の働きがくずれ折れ、活動意欲をなくしているとも考えられます。

おのれを通すことができず、あなたの前進を萎えさせているのです。

真に新しい方向に向かうためには、内奥の観念・ビジョンと照らし合わせて瞑想し、圧倒的説得力で満たすことが大切です。

石鹸・洗剤

現実の石けん・洗剤は汚れを落とすものです。

汚れた衣服を身につけていると、身体の衛生にもよくないし、体裁や見栄えも良くありません。

汚れを取り去れば、その衣服は本来の働きを存分に発揮できます。

衣服には「綿」や「麻」など季節にあわせた繊維も使われ、デザイン性・保温性や通気性を保持しているのですが、汚れはそうした特質や機能性を半減させるのです。

夢が告げていることは、

あなたが心の働きをよくするために、これまでのどこかで付着させてきた不要なもの・否定的な意識を取り去りたいと思っている、

あるいは

その必要があるのではないか、とあなたが感じているということです。

それができれば、あなたの心は今より明るく軽くなるでしょう。

心の汚れを丁寧に消した人は、

世の中のどこでも、先入観や偏見に囚われることがなくなります。

不安定なものに頼ったり、それに親しんだりすることがなくなります。

今の否定的な意識を手放せば、本来の魂の働き「善性」や個性を発揮しやすくなります。

この先あなたを支えるものが、

あなたの心を重くしたり抑圧するようなものであってはなりません。

それは生命が本来もっている自由を失わせ、あなたを檻に閉じ込めてしまうのです。

あなたがユーモアをもって明るく、軽くステップを踏みながら歩いてゆくためにそれがある、ということが大切です。

また、この世界での経験は、ただ何かを「獲得していく」だけのためにあるのではありません。

汚れを丁寧に消し去ることによって輝く不動の心、究極の安定を得られます。

人生のある時点では、不要な思考を排泄する作業も必要なのです。

洗濯・洗濯機

夢で何かを洗っているのは、

過去に起きた嫌な出来事を消し去りたいという気持ちの表れ

です。

「洗濯機」が登場するのは、

その嫌な出来事にまつわることを「まとめて」消し去りたい、

悪いイメージや評判を一新したい、という気持ちの表れです。

実際、長い期間居座り続けていたものを取り除くには、根気が要るものです。

汚れた衣服も、表面についただけの汚れはすぐ洗えば落ちますが、皮脂と汗が入り交じり、長いこと放置したためにできたシミをとるのは簡単ではありません。

シミ抜きのプロは、

シミに効果的な薬品を熟知し、適正に調合して元の生地を傷付けないよう、細心の注意を払って作業を進めます。

あなたが今まさに葛藤の只中にあるのなら、手順を考え、自分にあったやり方で様子をみながら進めていきましょう。

ただ、あなたを本当に苦しめているものの正体は、過去の出来事の中で複雑に入り交じった「羞恥・羨望・嫉妬・怒り」などの感情であったりします。

そうであるなら、遠回りでもありのままを受け入れる強靱さと柔軟さを手に入れるほうが近道かもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました