夢占い す 

占い50音

水上のスポーツ・遊び  スイッチ  数字  数字<1>  数字<2>  数字<3> 数字<4>  数字<5>  数字<6>   数字<7>    数字<8>    数字<9>   スカート  スケートボード   捨てる   ストーカー  スポーツ  座る

18

水上のスポーツ・遊び

サーフィンや水上スキーなど、夢の中であなた自身が水の上にいて、

そのシーンに肯定的な印象を抱いたなら、

変化する状況に柔軟に対応している

ということ、

状況をうまく利用して進んでいることを表しています。

現実世界の風をとらえながら、波の動きを利用し、行動を起こし進んでいます。

状況を観察するのと同時に行動しているような状況にあるといえます。

とりわけ

スポーツ・競技として夢に登場している場合、

現実でも、そのような状況の中で自分を試している可能性があります。

創造的な行動をするにあたり、全エネルギーを無駄なく効率的に使うために、

状況を正確的に判断しようとしています。

また、

方向性を決定するにあたり、直観とエネルギーとを活用しています。

水の上にいることは、思っている以上にエネルギーの要ることなので、

傍観者でいることのほうが難しいのです。

もしも身動きが取れずにいたり、波に飲み込まれそうになってしまう夢であったなら、

実社会で変化を起こすには行動が伴うものであると、学んでいる可能性があります。

スイッチ

これまでとは違うやり方に切り替える必要があるか、

切り替えようとしていること

を示唆します。

スイッチがうまく機能しているのは、学んだことを積極的に活用しようとしているとき・自身の資質に応じて臨機応変な利用ができているときです。

ただ、スイッチを入れてもつかないからといって、あなたにその意欲がないからではありません。

その使いこなしがわからないか、

あえてあなたがそれが起動するのを避けている、という可能性もあります。

心の奥に隠された、苦い経験の記憶を呼び覚ますとわかっているからです。

誰の脳の中にも、決ったボタンを押すと決った曲が聴ける「ジュークボックス」があります。

ある刺激を受けると、それが引き金となって特定の記憶が蘇り、辛くなるのかもしれません。

今の状況を変えるために、過去の辛い経験を思い出す必要はありません。

代わりに積極的な気持ちになれる考え方・内面的イメージを取り入れることが大切です。

悲しみの回路を経ちきり、喜びの回路を活性化しましょう。

数字

鏡に映った自分に寿命を伝えられた、エレベーターの階数・車のナンバー・時計・部屋の番号が印象に残ったなど、

夢に表れる数字もあなたに大切なことを伝えていることがあります。

夢から覚めても同じ数字、例えば時計が「4時44分」だったなど、繰り返し同じ数字に出逢う場合は、あなたの直感が冴えているのです。

なんらかの「導き」であるとも考えられるので、

是非その意味を調べてみましょう。

最初に行われる何か。

意志の確立。

絶対性

創造エネルギー

などが「1」の基本的な意味です。

一は始まりの数ですから、現状に対し、新しい一歩を踏み出す必要があるのかもしれません。

肯定的なイメージで登場した「1」であるなら、希望に満ちたスタートを表しています。

或いは、リーダーシップを発揮していくことが大切だと告げている可能性もあります。

 

否定的なイメージでこの数字が登場する場合、

あなたの負けず嫌いな一面が、よくない状況を引き起こす可能性を示唆しています。

自分の考えに絶対的な自信をもっているため、

誤った思想を公然と説き、社会を混乱させる可能性もあります。

数字<2>

二つのもの。

二番目。

二つの選択。

同じことが二度繰り返される。

ペアのもの。

二人一組のもの。

対になっているもの。

心と体。

人と人。

あなたが控えめであるということ

或いは、

今は二番手に回るのがよい

と、示唆しています。

「1」はどちらかというと男性性が強く、「2」は女性性が強い数字で、

今はそれを生かし、サポート力を活用していくことが大切です。

そのような意味でも、尊敬できるリーダーを見つけられれば、物事が好調に進んでいくでしょう。

また、

あなたの身近な人との関係性は、今のあなたに大きく影響しています。

 

否定的な意味では、

全般で「いい人」を演じてしまう傾向が強く、ストレスをため込まないよう、注意が必要です。

例えば面倒なことを押し付けられる・断ることができないなど、言いたいことを我慢してしまうことなど、

あなたの良い側面が、自らを苦しめることにならないようにしましょう。

誰かをサポートするといっても、

そこに自分の幸せがあるかどうか、「そうしたいから」というあなたの納得があることが大切です。

数字<3>

2からもう一つのエネルギーが生み出されること。

1が父親、2が母親、3が子供の数ともいわれ、

3は

父母子

を示すこともあります。

ひとまとまり・統一性が生じること。

豊穣・幸運。

 

対立や葛藤が解決と調和に向かう

ことを意味することもあります。

黒か白か

のどちらかではなく、

これまでとは別の視点に気づくことが大切

だと告げています。

同じ場所に踏みとどまるのではなく、

新天地を目指せ

と暗示している可能性もあります。

あなたの視野が広がっていて、斬新なアイデアが閃くこともあるでしょう。

慣れ親しんだ生活を捨て、

あなたにふさわしい空間への移動を促している

可能性もあります。

新天地で大きく羽ばたくチャンスがあるかもしれません。

 

3は、あなたの夢の中では

3人という「人数」で示されていたかもしれません。

一人でも二人でも10人でもなく、3人なのは、

ある特定の二人の人の意見に耳を傾け、理解しあう必要があったから

なのでしょう。

あなたは、

誰とでもなかよくなれる

し、

周りの意見に左右されない、独自の感性をもっているのでしょう。

 

3は「心・霊・体」を示すこともあります。

初めて実体を現したこと。

肉体の誕生によって、

自己表現

が可能になったことを告げています。

ゆえに

活動的な数

ともいえます。

いずれの場合でも、静かに思索して成り行きを見守るような生き方よりも、

豊かな感情表現、アクティブで新しいことに挑戦していく姿勢が、

あなたの魅力を最大限に輝かせるでしょう。

数字<4>

安定。

固定。

例えば

4輪・4足など

大地に根差していること。

土台とか、基礎

を表す数字です。

春夏秋冬・東西南北

などの

規則性やサイクル

を示すこともあります。

4は

四方を押さえる、地に足をつける

という意味において、

物質世界、現実世界を生きる人を

守ったり、統治

するために重宝がられている数字です。

一方で、

「四角四面」という言葉があるように、

他を受け入れない、頑固・排他的、

常識を重んじ、良い・悪いがはっきりしていて

真っ二つに分裂する危険

もはらんでいます。

なので、4の数字を夢に見たら、

現実的に対処しつつも、物事を滞らせないよう、

例えば4人で打ち合わせを進めるとか、4段階ステップを踏むなどして、

必然的に事が進んでいくように、動いていくようにしましょう。

数字<5>

人間

を意味する数字です。

五角星は、人の身体の形をしていますが、これは

五感の体験を学びにしようと、両手両足を広げた形

なのだと言われています。

1から9の中で、一番活発な要素をもっている数字。

この世界を構成する

火・空気・水・土の「4つの元素」に「自我の1」が加わり、

すぐに変化を起こし、行動するよう促している、

即断即決が肝心

だと告げていることもあります。

 

また、

万物は

火・水・木・金・土の5種類の元素

からなるという、「五行説」もあります。

5は、

互いに影響し合う

相克相生の関係性、

人間関係そのものによって成り立っている社会

の象徴でもあります。

 

夢に

肯定的な印象を感じたら、あなたが

フットワークがよく、環境にうまく適応している

ことを表しているか、

これまでとは違う、新しいことに挑戦してみる時、

というサインです。

現実と照らし合わせて判断しましょう。

否定的な印象なら、

人間か抱える「闇」「エゴ」が増大している可能性があるでしょう。

わがままな振舞いが目立っていたり、自分勝手に物事を進める傾向にあり、

そのせいで、周囲との関係性を壊してしまう可能性があります。

夢の中で5という数字が表れたり、現実にも妙に5が目につくという時は、

周囲とのチームワークや、互いのバランスに気を配る必要があるでしょう。

数字<6>

 

二つの三角形の結合。

調和とバランスの数字

であり、

ニュートラルなエネルギーをもっています。

善と悪、物質と霊、女性エネルギーと男性エネルギー、高次と低次、

といった、異質なもの・対立を調整し、全体のバランスを整える

数字なのです。

外部から受ける感情を監視しているゆえに、

本質を発見する

ことに優れ、厳格と慈愛とを兼ね備えています。

三角形の中心は、

心の底に秘めた真実

を意味しているのです。

ただ、

 

両極の間には絶えず

緊張

が生じています。

例えば「6」は美を意味することもありますが、

美を理解する才能が欲求を刺激することもあります。

何かを機に

いったんバランスを失うと、人を沈溺に向かわせ、人生を難しいものにしてしまうことがあります。

愛は憎しみに、創造は破壊に、美しさは醜さに

変貌し、支配欲へ、コントロール欲へ、堕落へと陥る恐れもあります。

「6」は他に

結婚

献身

寛容

公的奉仕

秩序

忠実

などを意味します。

また、あなたがそうした本領を発揮するには、

まず自分の中の泉を満たしておくことが大切です。

癒し、癒される関係大事にする、若しくは人に癒しを与え、自身もそれに喜びを感じる仕事が大切であるかもしれません。

数字<7>

自然のリズム。

人間の霊的歴史の中で繰り返し現れる数字。

一週間は7日間なので、

一週間後

を意味していることもあります。

音階

虹の色

チャクラ

惑星の数(七曜)

これらすべてが「7」という数字に関わり、

奇跡の数

と言われることもあります。

 

「7」は、自然界で働いている力と同じで、

あらゆる儀式的しきたり

の中に認められる数字です。

霊的な力を象徴し、人間の感覚的力に作用

します。

 

私達は、

例えば「白雪姫と七人の小人」のように、長く親しまれているものの中

に、明確な真理を発見することもあります。

夢に「7」が登場したら、

宿命的な選択・運命的に与えらえたもの

を意味しているか、

一つの周期の終わり

を告げている可能性があります。

また、

一つの物事を完結させる「7」という数字が、

あなた独自の世界観が完成していることや、

他を頼りにしないで「独り立ち」して自分の道を歩む

一匹オオカミ的な生き方

を意味していることもあります。

 

もし、

夢の印象がネガティブであったら、

自らの世界の中だけで、物事を完結させてしまう

傾向が強くなっています。

自分はひとりでも生きていく、という深い覚悟がある

のかもしれません。

他の人にはそれが

人を遠ざけるような態度に見えてしまうこともあるでしょう。

 

あなたが7という運命数をもっている場合、

あなた自身は何を意識していなくても、

一目置かれている

存在で、基本的に社交手腕に優れているので、自立はしても、孤立することはないでしょう。

ただ、

感情面において、

刹那的な生き方に陥らないよう、注意が必要です。

現在、休息を与えらえているのなら、

それは反省と気づきのためにあるでしょう。

例えばセミナーを受講するなど、

交友関係を深めながら、自分らしく自立していく

方途を探っていきましょう。

ポジティブな印象を抱いたなら、

それは

ラッキー7

ととらえてよいでしょう。

今の休息は

飛躍、或いは前進のためにあります。

数字<8>

漢字「八」は、末広がりで

繁栄

を、東洋では8を横にした

∞「無限大」

を表し、同様に繁栄を表しています。

ただし、ネガティブなイメージであるなら、

∞の意味する「永遠」が、

永遠に終わらない

とか、目標達成までには時間がかかる

ことを告げている可能性もあります。

勿論、

目先に囚われない、長期的な視点が大切だ

と告げている可能性もあります。

特に物質的なビジネス世界では

辛抱強さと集中力を発揮し、収集したデータを正確に分析・統合する、

理性でものの良しあしをはっきりと区別する優れた観察眼を武器に

していくことが重宝される可能性があるでしょう。

何より、「8」は

二つの現実的世界=「4と4」を、よりパワフルにした数字

です。

思考を具体的な形にし、革新をもたらすことの意味があります。

具体的には、

思考を具体的な形にし、

現実世界に役立たせ、生活を向上させ、

そこからさらに

TVや新聞

などを媒体に人々の共感を獲得させていく

といった具合です。

そんな風に、

8のエネルギーが、豊かさの波動を更に増幅・拡大させ

社会を活気づける、商用的な繁栄をもたらします。

8は無限に膨張、拡大させるエネルギーであるといえますが、

八方美人とか、八方ふさがり

などにも、「八」が使われているように、

四方八方に分裂する、収支がつかなくなる

という可能性も否定できません。

パワーがあるだけに、うまくいかなかった時のダメージもまた大きい

のです。

数字<9>

物事の終わり。

自然な成り行きで終割を迎えること

を意味し、

さもなければ、

人生における急激な変化の訪れ

を暗示します。

どちらにしても、

9の数字が示していることは

この変化が止めようもないこと、物事がここで終わるのは自然なことなのだ、

ということです。

だから、

あなたのエネルギーを、終息のために使うことが大切です。

例えば、

本来の自分を取り戻すために、過去の辛い思いでや苦手な人々と向き合う、

などです。

新しいステージの前に

病気を治したり、悪習慣を絶ち、生活態度を改めるようにしましょう。

9は、

それ自体ではあまり特徴を感じない数字であるかもしれません。

あなたも、自由に数字を選ぶとき「3」とか「5」とかは思いつくけれど、

やはりなんとなく「9」は物事の終わりを感じさせ、意識は向けることはないかもしれません。

数字の中でも比較的

インパクトが薄いと感じるのは、「9」が、全体があって輝く数字であるからでしょう。

9の中には、1~8までのすべての数字が入っています。

譬えていえば、

次の新たな周期への種が詰まった

「熟した実」のようなもの。

これまでのすべての経験が入っている数字

なのです。

夢のシーンによっては

環境が変わっても用意に適応することができる、

どんな人にも合わせられる、どこにいても楽しむことができる

と告げている可能性もあります。

また、今のあなたが、

経験から感じ取ったことを

芸術的な作品として表現したり、

創造の翼を自由に広げているのかもしれません。

ネガティブな印象なら、

現実の厳しさから目を背けてしまっている

可能性があります。

人や環境に流されやすく、成り行きに任せて生きている

可能性もあるので、

次の新しいステージに向かうにあたり、先の

「あなたのエネルギーを、終息のために使う」以降の内容を心掛けましょう。

スカート

性的魅力の表現方法を示しています。

夢のスカートを印象的だと感じたあなたは、もしかしたら普段はスカートを履かない人かもしれませんね。

或いは男性の多い職場で女性らしさを主張できないでいるかもしれません。

勿論、男性がスカートの夢を見ないわけではありません。

どちらの場合も、女性的な感情を観察していたり、大切に思っています。

また、恋をしたあなたが自分の女性的側面に発言の機会を与えていたりします。

スカートの色や形の中にみえる自分を意識してみましょう。

積極的に創造性を高め、自分だけの魅力を引き出していくことも大切です。

スケートボード

レジャーやイベント、楽しいことに心が向いていることを示します。

あなたが、普段スケボーをしないのにスケボーを楽しんでいたのであれば、

「自分はできる」という前向きなセルフイメージをもっている

ことを告げています。

これから起きることに、積極姿勢で臨もうとしているでしょう。

勢いよく滑りだす夢なら、現実のスタートダッシュを決めることができます。

それによって気持ちに余裕が生まれ、一日の流れにもスムーズにのっていくでしょう。

スケボーは一人で楽しめる乗り物であることから、

プライベートな時間を充実させたい・趣味を楽しみたい、という気持ちの表れであったりもします。

また、スケボーにはバランス感覚が必要です。

上手く乗れないのは、心のコントロールがうまくいっていないことを、

転倒するのは、無理をしていたり心が不安定になっている状態を表わします。

シーンによっては、常識に囚われ過ぎている可能性もあります。

周囲の否定的な意見を聞いてチャレンジを諦めようとしていませんか。

それは危険だ、やってはいけないなどの制約でがんじがらめになっているのです。

探究心という、心の内側から湧いてくる行動基準を大切にしましょう。

ワクワクする心を失わないで。

分の意思で動いている、と感じることを増やしていきましょう。

捨てる

明らかに「不要品」を捨てるのであれば、

「負」を「正」に転換できる兆し。

現状の不運を幸運に転じていけること

を告げています。

「日頃から気になっていたものを捨てる」夢であったなら、

問題解決

を暗示しています。

「ゴミ」ではないものを捨てていたのは、現実でも近々必要なくなる、

ということ。

或いは、それはあなたにとっては必要のない物であった可能性があります。

もしも「大事な物」を捨てていたら?

それはあなたが「必要ない」と思っているものが、実際はそうではなく、

とても大事な意味をもっている、

という可能性があります。

あなたがそうと気付かず、可能性や幸運を捨ててしまいそうになっているので、夢がそれに気付かせようとしているのでしょう。

必要のないもの・あるものの基準は、あくまで「あなた自身にとって」どうであるかで、

一般論ではありません。

そして、捨てたことにより気分が良くなったかどうか。

もしも
「どうしてそれを捨てることになったのだろう」と、捨てた物に対して胸の痛みを感じたら、

そこには現実にあなたが注意を払うべきことー 何か大事なことを見落としている・手放すべきタイミングや手順が間違っているなどーがあるのかもしれません。

夢はそれについて考え、見直すよう促しているのです。

ストーカー

夢のストーカーは、

あなたの暗い闇のような部分

その側面は、表舞台に立って日常を営む、あなたの明るい側面を見つめています。

無意識は光の当る部分だけを観察しているわけではなく、個々の出来事の中で善の側面も悪の側面も同時に見つめています。

現実世界である対象に目を注いでいる時、感傷的な感情に襲われることがあります。

それが何故なのかわからないので、無意識は誰か別の人格の仕業であるかのように思い込ませます。

或いはなんらかの恐怖を思い出させ、無意識を刺激していることもあります。

いずれにしても夢のストーカーは、あなたにとっては近づいて欲しくない不安や惨めさなどの感情です。

その感情は、なんとかあなたに受け容れてもらおうと、その性質を象徴する人物の形態をとって表われたり、近づいてくることもあります。

夢によっては警告を告げていることもあります。

その場合は、もっと恐ろしく意味のある事柄が、感情を通して語りかけてきます。

スポーツ

今は心の鍛錬が必要だと感じている

ということ。

容易に揺るがない、

堅固な確信

を得たいのではないでしょうか。

スポーツは時に苦しいと感じますが、それに匹敵するくらいの楽しさがあります。

また、勝敗があるにせよ、向上意欲の強さを示しています。

もしも予測とは違う成り行きになったとしても、地道な鍛錬があるなら最良に導かれるに違いありません。

座る

居場所の確保。

若しくは、

ゆっくりと腰を据えて考え、取り組もうとしていること。

 

あなたは、

どこに座っていた

でしょうか。

私達は、普段あまり意識せずに

いつもの場所

に座っていたりします。

無意識に

ここが自分の座り場所

と決めているのです。

そこは、

家庭なら家庭での、仕事なら職場での自分の位置

を表わしています。

「座る」夢が印象的なら、考える必要があるのかもしれません。

そこは

自分にとって楽な

座り場所であるかどうか、

ということです。

もしも、

いつもそこが一番落ち着くという場所であるなら、

コンフォート・ゾーンが、現在あなたの座っている場所だとしたら、

それは

あなたにとって、とても大事な居場所

です。

そこからみえること・考えることの中に、あなたが生きるために必要なことがあるかもしれません。

もし、そうでないというなら、

座るところをちょっと変えてみましょう。

そうすると、今まで気づかなかった、いろいろなことがわかってきます。

再び自分の椅子に戻ったとき、

元気がでる

でしょうか。

新たな力が湧く

でしょうか。

座る位置をちょっと変えるだけで、ものの見方が変わり、

あなたの一日がかわり、あなたの人生が違って見えることもあるでしょう。

あなたが現在問題を抱えているのだとしたら、

物事を動かすために

ものすごい力

を使う必要はないのかもしれません。

例えば

いつも中心に座っていたら、

時には隅っこに移動して人の動きを観察してみるとか、

本棚に向かって座っていたら、本棚を背にしてみるとか、

座ること

に神経を使ってみることが大切なのかもしれません。

まずは自分に与えられた人生を謙虚に享受し、静かな改革を試みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました