夢占い け

警察  刑務所 ゲーム 喧嘩

警察

夢の警察は、「より高次の法則・宇宙法則」を表わします。

地上の法則には抜け道があっても、宇宙法則からは逃れることもできないし、欺くこともできません。

私達は高次の自己によって常に監視されています。

警察官が登場する夢には、二つの意味があります。

一つは、自分の利益が侵されないよう、慎重になるようにという忠告です。

もう一つは、社会的な生活の中で自分の義務を怠っている可能性があり、それを暴かれるのではなか、と不安を感じていることを示しています。

若しくは、不正や危険に関わるかもしれないことを忠告しています。

いずれにしても、夢はあなたに「身の安全」をはかるようにと、忠告しているのです。

時に、優秀な刑事が来て現状の問題を深く洞察して答えを導いてくれることがあります。

それは、あなた自身の能力です。

あなたに心理的な盲点がある場合、その洞察を現実にうまく働かせることができません。

心理的な盲点とは、自分の生き方や性格、そして行動パターンついて理解できていないということです。

夢の警察は、あなたを公平に且つ客観的に見て正確な判断を下し、「知らなければならないこと」を教えてくれるはずです。

 

刑務所

刑務所に入らなくてはならないような悪いことをしたのかもしれない、優しいあなたはそう考えるかもしれません。

あなたが優しくて、人の譲ってばかりいることで、自由が利かなくなっていくよ、と知らせているのです。

刑務所はあなたの言い分などお構いなしに自由を抑制する場所です。

言い分を主張する段階を素通りしてしまったあなた。

現実に感じる束縛の辛さを、夢が示しています。

あなたは、現実世界では精一杯機転を効かせ「スルー」力を身につけているのかもしれません。

けれど、実際のところそれは真の解決策になっていないのではないでしょうか。

どんなに押し殺しても、感情が消えることはないからです。

刑務所に閉じ込められたあなたの感情・言い分をよく聞いてあげましょう。

それが自身を檻から救い出し、自由に外の世界を闊歩するための手段です。

 

ゲーム

夢の「ゲーム」は、あなたが人生を楽しむための秘訣を伝えています。

どんなことも頭で理解するだけでは不十分で、理解すると同時に条件反射的に行動を起こし、チャンスを逃さず獲得せよ、と言っているのです。

勿論回数・質ともに大切ですが、早く成長する人はセンスを身に付けてゆき、それにともなって楽しむ意欲も増していきます。

夢は予行練習・シュミレーションであり、あなたの人生そのものがいつも「本番」です。

 

喧嘩

夢で喧嘩していた人は誰だったでしょうか。

友人・知人・隣人・同僚・・誰であっても、普段とは異なる「自身の側面」を最も的確に表わしている人です。

夢の喧嘩は、相容れない二つの心の葛藤を表わしていました。

日常世界でも、誰かに対して『嫌な奴だ」と思うことがありますね。

その人があなたの受け容れたくない側面を表わす人だから。

日常の中では大人の対応をしていても、真に理解しあうにはお互いの意見を交換しあう必要があり、あなたもそう感じています。

夢で喧嘩し、互いの言い分を主張しあうことによって、緊張感はほぐれ、よい関係を築いていけるようになります。

なんでもそうですが、やってみないと手加減はわかりません。

その時うまくいかなくても、次第に関わり方がわかってきます。

自分の中の側面とも折り合いがつくようになっていくでしょう。

夢の喧嘩を悪夢のように思う必要はありません。

誰かに対して自分の熱情をなげかけるのは、悪いことではないからです。

喧嘩は、理解しあうために挑戦をしようとする積極性の現れなのです

コメント

タイトルとURLをコピーしました