夢占い い 

   急ぐ  痛み  稲妻  イベント    隕石  

 

あなたの精神が宿っている、意識している場所を夢が示しています。

地下室は無意識や直感の住まうところです。

天井は自分の安全領域だという認識があるかもしれませんが、状況によっては少し有頂天になっている可能性もあります。

自惚れから転落しないよう注意を払いましょう。

夢の家は、現実世界とあなたの精神との折り合いがついているかどうかを見せてくれることがあります。

若しくは調和を計ろうと努めています。

夢で印象的だった人・物・生きものは日常的に見慣れているものです。

それらと特定の関係を作ろう、正当な態度を示そうとしています。

現実に目障りだと感じているものは、夢の中で苦手な「虫」になって現れることもあります。

夢から覚めてこの関係を振り返る機会があるなら、自身の抱いている感情に目を向け、それについて理解しよう、その結びつきを明らかにしようと努め、何らかの関係を作る、若しくは作らないと決めることが大切です。

 

急ぐ

急ぐ必要があると告げているのか、慌てず慎重に進めるよう示しているのか、夢のシーンや現状から判断しましょう。

時間のある世界で生きる私達は、多くの場合、とりわけ集団生活の中では「効率性」が重要視されます。

あなた自身はもっと腰をすえて取り組みたいのに、それができないもどかしさ、周囲にあわせていかなくてはならない、という焦りがこの夢を見させているのかもしれません。

 

あることに対し、同じ時間を与えられても、

「これだけある」と考える人、

「これだけしかない」と考える人がいます。

この考え方は、時々で使い分けていってもよいのです。

短時間の中でも、ベストを尽くすことはできます。

結果はどうあれ、あなたはベストを尽くすことで「自分の期待には応える」ことができたのです。

それば「自信」に繋がります。

反対に、沢山時間があっても気持ちを集中させられなければ、何も成し遂げることはできません。

「できなかった」自分に対し、自己嫌悪に陥り、自信をなくすこともあります。

大切なのは、

その時々に見通しを立て続け、漠然とした不安感や焦燥感に駆られないようにすることです。

 

 

先々のことを真剣に考え過ぎてしまい、

常に脳裏にこびりついていると、前向きな対応ができなくなっていきます。

夢は、あなたが心も体も張り詰めっぱなしの「急」の状態にいることを表わしていたりします。

それよりは、目の前のことをきっちりこなしていくことの方が現実的で、

将来の不安が減る方向にも向かいます。

例えば、スポーツ選手達は、目の前の一試合・一試合に集中し、

今の自分をレベルアップさせる!

ことに集中しています。

大きな記録をつくるような人ほど、そういう気持ちを強くもっているものです。

夢を見ること・理想を高く持つことはとても大切ですが、そのせいで漠然とした不安感・焦燥感に駆られるのでは元も子もありません。

気が遠くなるほど途方もない場所に行くにも、「今、やれるところ」から着手します。

この終わりなきプロセスの中で、人は洗練され、発展していくのです。

 

 

痛み

夢の中で手足を失ったり、傷付けられたりしても、痛みは感じないことは多いものです。
だからこそ、夢の中で痛みを感じた場合は、それ自体が警告であるといえます。
昼間の時間帯、あなたの注意はそれとは全く別のことに忙しく、身体や自身の心の向きに注意を向けられてはいられません。
その注意が離れた時、象徴像を通してあなたに訴えかけます。
あなたの個人的な意見や願いや欲望を排除し、好ましいか好ましくないかに関係なくヴィジョンに向き合ってもらおうとします。
何かが爆発して火花が飛び散り、痛みが走った!などの夢を通して。
実際痛みを感じた箇所に負担を抱えている可能性があります。
その場合、身体の各部分の解釈も参考にしてみてください(*まだ記載がなく、すみません。今後作成を予定します)
実際に胃腸にトラブルを抱えている時、何かを呑み込んで胃が詰まって痛むような夢を見ることもあります。

どんな体験も
日常「めったに経験できない事柄」を通して、無意識はあなたに意識して向き合わせようとします。

夢の痛みは、あなたの「心」であったかもしれません。
あなたは今、ハートで思考していることが多いのかもしれません。
ハートで思考し、良心を育成している可能性もあります。
魂の中に真偽に対する責任感を育成していくことで、誰もが高次の世界に関わっていくようになります。
この世界の中で、私達は通常の論理を訓練します。
よく考えてものを決めようという段階を通り、その課程の中で知性や感情も育ててゆきます。
感情で判断してきたことに、知性が反抗することもよくあるでしょう。
知性によって感情を抑えられると、あなたは面倒に思ったり、不愉快な思いをします。
けれど、この不愉快な思いを引き受けていくところに進歩があり、この世界を体験する意味があるといえます。
こうした体験を通して、あなたは
直接的な感情に身を委ねるというレベルから、もっと微妙で優れた力を準備していくようになります。
魂を進化させると、真と偽を感じ取れるようになります。
なので高次に生きる人は
自分とは直接関わりのないことにも不正なこと・悪しきことに痛みを感じ、直接関わりのない善いこと・正しいこと・美しいことに喜びを感じます。
人の何倍もの苦しみを背負い闘う人であり、人の幸せを我がことのように喜ぶことができる人なのです。

 

稲妻

稲妻は、水滴や氷粒が接触したり衝突したりして雲の中で帯電し、それが放電される際に見える光。

夢は、それと同様のプロセスがあなたの中で起きていることを伝えています。

心の中の葛藤が極限に達し、解決に向かっていくさまを象徴しているのです。

破滅の可能性もあるけれど、その恐怖の中で「突然」わかること、

稲妻の光のような閃き・「インスピレーション」を表わします。

稲妻が天と地を繋いで走るように、インスピレーションは相容れないものを繋げます。

これまでの緊張感がふとやわらぎ、静けさが戻ってくるのを感じるでしょう。

因果的な作用の中でどうしようもなく発生する「破壊的」な現象。

歪んだり蓄積したり、時には本当に何かを破滅させたとしても、それは次の生への滋養のために必要であったりします。

全ては繋がり、作用しあい、時に破壊し合って結びつき、響き合い、創造的調和をもたらします。

夢の稲妻は高位の力を暗示する一方、そうした自然の法則の中で生じる「恐怖」・「緊張感」・「復讐心」など心の状態を映し出し、現在のカルマに警告を発していることもあります。

 

イベント

特別なことが行われるのは、非日常性の象徴です。

目の前で展開される光景は、あなたを驚かせ理解を超えさせ、そのイメージを通じて理性を養います。

それは新しい世界の開示であり、あなたにとっては初めて出逢う世界であったりします。

あなたは気づき驚き振り返り、魂は方向づけられ変容へと向かうこともあります。

これまで自分が何者かも知らず暗闇に佇んでいたとしたら、夢はあなたの本当のあり方や可能性に気付かせようとしているのかもしれません。

 

青色  赤色   オレンジ色 黄色  白色  緑色  灰色  ピンク色  黒色参照

色には感情と意味があります。

例えば、「腹黒い奴」という言い方に人は「不快な人物」を想像し、

「バラ色の人生」という言葉を聞けば、「明るく幸せな気持ち」だと言っていないにもかかわらず、そのような人生を送っていると読み取ることができます。

無色は自然界に存在しません。水にさえ色をみることができます。

その自然界からきた色は、人を守護します。

ゲーテは

「色彩は光の行為」と言いました。

光はこの世界では色となり、万物によりそう恩寵となります。

 

一方、人工色は本意を隠していたり、偽装していることを表わします。

心にもない態度をとっていたり、他人の力を借りて勝負に出ている、などの可能性があるでしょう。

とりわけ派手な蛍光色が夢に現われたら、見せかけのものに注意を促しています。

あなたが魅力的なものに気をとられすぎていて、真相を見落としている可能性があるからです。

何が本物か偽物か見極め、信用にたるものを見つけようと心がけましょう。

 

隕石

隕石は
「宇宙空間から地球上に落ちてきた岩石」です。
それを目撃したり手に入れたりは、日常の中ではなかなか起こりえません。
夢は、あなたに様々なことを伝えるでしょう。

下記を参考に、夢の印象から意味を推し量ってみてください。

一つは
「思いがけない利益を手にする」ことを示しています。

二つめに
「究めて稀な出来事に遭遇する」可能性があります。

夢で非日常的なものを見ていたあなたは、現実のどこかでその前ぶれ・兆しを感じ取っていた可能性があります。

山雨来らんと欲して風楼に満つ

とは、中国・唐末の詩人・許渾の「咸陽城東の樓」の詩の中の句です。

山から雨が降ってくる前に、高楼に風がさっと吹き抜ける、という意味です。

同じように、
何事かが起ころうとする前には、なんらかの兆候が現われるものです。
夕焼けの翌日は晴天と言われます。
燕が低く飛ぶと天気は雨だと言われます。

そうしたことの中には
昆虫・湿度など、なんらかの因果関係が解明されているものもありますが、
科学的には説明がつかないようなことも沢山あります。
将来は科学的に解明されるかもしれません。
現時点で超越的に見える現象を感じても、その存在を否定しないことが大切です。

三つ目に
与えられた「モノ」の価値を重く受け取るように、ということです。
隕石には、太陽系の歴史が閉じ込められていて、それはそっくりそのまま「歴史」としての価値をもっています。
「隕石」については将来さらに解明が進んでいくでしょう。
あなたが今の時点でそのモノの価値を正当に見いだせなかったとしても、将来現時点での理解を超える存在となる可能性があるでしょう。

四つ目に
「生まれることなく消えていった可能性に目を向けている」ことを。
隕石は、ある惑星の破片であるとも言われています。
惑星をつくる元となった材料である可能性もあるのです。
私達の人生も、現実では一度に一つのことしか選択することはできず、一つのものしか認識することはできません。
特定の人生の経路を通ることによって、他の無限に存在する可能性は消されているのです。
それでもその可能性は、私達の人生のどこかでかすかに繋がっていたりします。
あなたが意識の明るみを離れ、無意識の闇の中に降りて行くとき、それを見つけ繋げることができるのかもしれません。

五つめに
「人生はこんなものではない」という伝言です。
あなたは今、よき夫・妻・よき友人・子供に恵まれ、既に幸せであるかもしれないし、才能もあり、困窮することはないかもしれません。
そのような状態にいるとき、幸せであるかもしれませんが、
「これでもういい」、
「もはや何も新しいものを知る必要がない」と考えてしまうことがあります。
新たなものに立ち向かう緊張感が欠けてしまえば、あなたはこれ以上自身の能力を試そうとはしなくなってしまうでしょう。
夢は、あなたが今どんなに恵まれていたとしても、人生はもっと深く、大きなものであることを伝えています。

総じて、夢はあなたの心に躍動感を与えながら
この世界にはまだまだ不思議なもの、自己の才能や技量・知識などの個人的な力量を超えたものがあることを、
より大きな、目に見えざるものに畏怖の念を抱いて生きるなら、人生はもっと深く大きくなっていくことを伝えています。

夢の「岩」は、あなたの強い意志。

「なんとしても自分を貫きたい」、と思うあまり、行きすぎてしまうことも。

それが、時に人に「頑固」な印象を与えてしまうこともあります。

「行く手を阻むもの」の大きさや、理想に到達するまでの流れを、夢の岩が表わしていることもあるでしょう。

現実の「問題」に行き当たった時、自分のやり方・思考にこだわり過ぎてはいないか、考える余裕はもっておきましょう。

独自に計画を立てて悦に入ってしまえば、他の人の言葉が聞こえなくなります。

誰にも「相談しない」モードに入っている時、もっと素晴らしいチャンスの数々を逃してしまうこともあります。

あなたは賢く、有能なので、誰より近道を知っているかもしれません。

ただ、「遠回り」をする権利を持っていることも忘れないように。

あえて横道に逸れてみるほうが、学ぶことがあったり、役立つこともあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました