死の宣告、余命の宣告

夢の意味

もう、終わってしまうのか。

「死」は、

何かが変わる、何かが終わることのシンボルであり、

例えば失業や離婚など、

今の人生のかたちや構造がこわれてしまうことの象徴です。

なので、夢での宣告というのは、

これまで当然だと思っていたことが、すべて吹き飛ばされてしまうことへのおそれ、

まるで

「死にとりつかれてしまった」ような気分を味わっている

ということなのでしょう。

 

ただ死ぬのと何が違うといえば、

この夢は

何かの終わりを先んじて見せてくれることで、

現実生活のスケジュールに生じるゆがみを

修正できるチャンスを得られる

ということでしょう。

 

私達が本当に恐れているのは、

終わってしまうそのことよりも、

何かが手遅れになる

ことなのかもしれません。

未練は前進を阻み、そこに留まろうとあがけば苦しみが増すばかりです。

私達は、間違いなく未来に向かって進んでいるのであり、後戻りはできません。

 

その準備は整っているでしょうか。

 

何かの始まり(新年を迎えたときなど)に、こうした夢をみたとしたら、

「完全に新しい時間へと入って行くために、

終わらせておくべきことを、終わらせておきたい」という意識が働いているか、

クライマックスを迎えようとしている可能性があります。

 

この夢を見たら

何かを失うたびに慌てふためき、頭をかかえるのではなく、

変化のさざ波を受け入れることです。

誰がうまれながらに死を宣告されています。

でも、暗い影を背負って陰鬱に生きるより、

明るい気分で、感謝しながら生かすほうがずっといいです。

この夢を見たら、

自分の人生を理想の人生に変え始めてゆくチャンス、

と考えましょう。

私達には、どんな状況も有意義な進歩に変えられる力があります。

現状を素直に受け入れることができれば、

心のバランスを取り戻すのに、十分間に合うはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました