カーテン

夢の意味家財

保護の役割をする有用な目隠し。

カーテンの夢と「覗く「覗かれる」夢は

セットになっていることが多いです。

閉まっているカーテンは、

人(達)に心を覗かれたくない

と思っていること。

「覗く」「覗かれる」夢は、

誰かがあなたに、あなたが誰かに興味を持っているか、心配しています。

 

閉めっぱなしのカーテンは、

外からの影響を遮断していること。

プライバシーを守ろうとしていること。

カーテンを開けていたなら前進の兆し。

カーテンの陰から外を眺めてなら、

自分の外側の状況が気になっているのでしょう。

あなたの心の中には、おびえや防御がある

のかもしれません。

 

でもその部分が揺らぎ始めたこと。

固く閉じていた心の扉にすき間ができて、

そこから光が薄く射し込みはじめたこと。

もしかしたら今度は大丈夫かもしれない、

心を開いてみようかと思って

いたり、

周囲の意見に耳を貸してみよう

という気持ちになっている

のではないでしょうか。

自分のプライバシーを守りながらも過度な情報を遮断し、

外からの影響を上手に取り入れていきましょう。

 

カーテンの夢は、基本的に

自分の五感を通して入ってくる情報が

自分にどんな影響をもたらすのか気づき、考えること

を促しています。

あなたは、

不必要な情報なら遮断することもできるし、気づいたら

それを取り込むか、取り込まないか

を、自分でコントロールすることができます。

「自分に」条件をつけて、エネルギーの流れをせき止めないようにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました