カーテン

カーテン

閉まっているカーテンは、

人に心を覗かれたくない

と思っていること。

閉めっぱなしのカーテンは、

外からの影響を遮断していること。

プライバシーを守ろうとしていること。

カーテンを開けていたなら前進の兆し。

カーテンの陰から外を眺めてなら、

現実のあなたも、自分の外側の状況が気になっていて、

もしかしたら今度は大丈夫かもしれない、

心を開いてみようかと思って

いたり、

周囲の意見に耳を貸してみよう

という気持ちになっています。

自分のプライバシーを守りながらも過度な情報を遮断し、外からの影響を上手に取り入れていきましょう。

 

カーテンの夢は、基本的に

自分の五感を通して入ってくる情報が

自分にどんな影響をもたらすのか気づき、考えること

を促しています。

あなたは、自分の外で起きている出来事に

気づいたら、

それを受け入れるか遮断するか、調整することができます。

あなたは緊張しているのかもしれないし、繊細で、心を閉ざす傾向があるのかもしれません。

そうしたことのはてに

肯定的な印象を感じたら心を開き、否定的な印象なら心を閉じる

を繰り返してきたかもしれません。

それはとても疲れること。心やすまるひまがないのではありませんか。

それを取り込むか、取り込まないか

あたかもカーテンを開閉するように

情報を知覚認識したら、自分でコントロールする訓練をしましょう。

それにより、

必要以外の刺激を受け取らないですむようになります。

胸躍る体験や、美しいものに感動するとき、

あなたのエネルギーは増強します。

ハートを閉じ、自分に条件をつけて、エネルギーの流れをせき止めないようにしましょう。

 

占い
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました