キャンプ

夢の意味行為

不便さの中で起きることに目を向けていること。

私達の多くは

安定を求め、リスクが少ないほうを選び、活動します。

けれども、そうした生活の中には、創造的情動をゆるす活動はありません。

私達の内側には、少なからず

リスクをおかしたいという欲求があって、

それは、

自分が本当に必要としているものを求めて生きたい、

という欲求でもあります。

目下体験していることが、

普段、殆ど使っていない機能に意識を向けさせている

のかもしれません。

 

文明社会になった今、私達はGoogle検索すれば、どこへでも行くことができますが、

私達は

どこへ向かうべきなのか、本能的に知っています。

自分の考えを妨げる様々な習慣

から離れ、本来の感覚を研ぎ澄まそうとしていること。

本質や真理(生きるために本当に必要なこと)を見出そう

としていること。

<「森」「山」参照。>

 

「本能」が「思考」と組み合わさったときに発揮される力は半端ではない、

あなたもそう思ったことはありませんか。

本能的直観は強力なツールであり、

あなたがその力にアクセスしたときには

おのずと良い決断や選択に導かれます。

現状を打破するために、

(自然の)神秘な力を活用しようとしている

とも考えられます。

 

他に、

騒々しい現実からの逃避、

俗世間(現状)に飽きてきている、

「原初」へ回帰したい、という切望

とも考えられますが、夢の内容がキャンプであるのは、

本能に従いたい、理性より本能を優先させたい

思いがあるのではないでしょうか。

 

夢の中では、

秘密基地を作ったり、山を散策したり、

料理に取り組んだり、ギターを弾いたり、釣りを楽しむ人に出会うかもしれません。

「学校の校庭で、みんなでキャンプする」夢を見た子供もいます。

どの人も、それぞれの仕方で自分を表現しますが、皆誰かに

「理解されたい」という気持ちをもっています。

多様な働きを理解し、

仲間との意識が融合できるよう、センサーを開くように

言われているのかもしれません。

他の人の表現方法を認めることが、

自分の選択肢や可能性を広げる

ことに繋がります。

キャンプファイヤーなら、

自分自身の燃える炎で周囲に多くの人を集めている

可能性があります。

たとえば、「それ、一緒にやらせていただけませんか」「私も同行させてください!」という人が増えてくるかもしれません。

最初は単独行だったことが、

動いて行った先で様々な出会いがあり、

帰ってくる頃にはチームになっていた、といった展開もあるかもしれません。

 

ソロキャンプなら、自分のペースを大事にしているのでしょう。

読書したり、ゆっくりと料理やお酒を味わったり、

一人実行に移すことの苦労の中には、

他の人にはわかりえない楽しみ方

が隠されていたりもします。

この世界に生きる醍醐味について

賢明な自分と対話しようとしている

可能性もあるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました