世話人(付き人・執事・使用人・秘書など)

世話人(付き人・秘書・執事・使用人など)

あなたを支えてくれる存在。

あなたが

自分一人でその物事は達成することはできない、難しい

と思っていること。

 

現実のあなたが忙しい思いをしているなら、

周囲の援助や協力を得ることで、物事がうまく運ぶ

ようになるでしょう。

 

あなたには

現実に頼れる相手がいて、その人達が夢の中で世話人の姿になって登場していた、

という可能性もあります。

 

夢に登場する人物は、自分の中の人格の一つなので、

それに基づいて解釈するなら、使用人とは

自分の本来の目的を見つけ出し、実現させようとする存在

といえます。

あなたのアイデンティティがしっかりあるとき、執事はあなたに忠実に従おうとするでしょう。

あなたというお屋敷の中には、

メイドも乳母も秘書もいるけれど、自分の意志や考えをしっかりもっていないときは、

それぞれが矛盾した行動をとり、勝手なことをしだすかもしれません。

 

自分が子守をしていた、など世話人になっているのは、

慈愛をもって人に接っしたり、何かを育てる必要があること。

 

現実には仕えられる身であるのに、

夢の中では自分が使用人になっていた、

ということもあるでしょう。その場合、

誰かの支配下にいるほうが楽で、与えられた仕事だけをしていたい

と思っている可能性があります。

 

人を世話し、助けるようなシーンが、

禍のように思っている出来事の中に「善」や「愛」を見出したい気持ちや、

我がままを抑え、忍耐強くあろうとする気持ち

を表していることもあるでしょう。

占い人物・キャラクター
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました