姿や音(言葉の響き)が、夢を解く手がかりになることもある

夢占い500字メモ

昼間

ある人のことを考えているとき、

「太ってる」、「痩せてる」、「神経質な」「かわいい」その特徴が

ふと別のある人を思い出させる

ことがあると思います。

 

夢の中で、どうしてこの人が登場したのだろう、と思ったときには、

その姿が、ある人物の生きる姿

ー意外性やチャレンジする姿勢などー

を意識させるために登場したのかもしれません。

 

夢は、様々な制約を潜り抜け

夢主の受け入れやすいよう

塩梅をつけ、イメージ化してくる

ことがあります。

手法はいろいろで、例えば

日本には

「同音異義語」が多いのですが、夢の中に現れたものと「呼称」は同じで、全く別のもの

ー「虫」は「無視」を、

「コンタクト(レンズ)」が、コミュニケーションの「コンタクト」を

表していた、なんてこともあります。

 

ジョークのようですが、

過去の「同級生」が、今の友人関係について示唆しているように、

共通しているものを用いて表現してくることって、珍しくはないのです。

「え。なんで?」と思ったら、ちょっと考えてみる必要がありそうです。

それに気づけば、

あなたが今取り組んでいることが楽にできるようになるよ、

と知らせてくれていたりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました